シーザリオ、ディアデラノビア

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

誉れ高き血の継承者たち

読了までの目安時間:約 3分

 

あまり恵まれた競走生活は送れなかった面々が、2歳の夏から活躍し、そのまま阪神JFを制したショウナンパントルが唯一残すことのできたアチーヴの活躍と、彼女にまつわる悲運のストーリーによって、ひとつの血の物語は紡がれていった。

シンボリクリスエスとシーザリオの間に生まれたリオンディーズの兄・エピファネイアは、度々騎手を手こずらせる危うさを覗かせながら、なんだかんだで主要タイトルを2つ持って行った。
スタミナが問われると強い。
弟は、1600Mで強烈な決め手を繰り出して、器用に立ち回れる強みを武器とするエアスピネルを捻じ伏せた。

底力で上回るという意味。
通常ならば、ハートレー、スマートシャレードらや、それと接近している馬も含め、本流路線の注目馬に主眼を置くべきなのだろう。
ただ、朝日杯のトップツーからは、連綿たる底力の血脈を引く者独特のオーラが放たれている。

この物語の起承転結の承を構成するのは、間違いなく、シーザリオが勝った05年オークスだ。
管理する角居調教師は、拙騎乗に反省しきりの福永騎手のフォローも後回しにして、あまりにも強かったシーザリオを愛撫しながら、感慨に耽っていたという。
ウオッカがそれと入れ替わるように厩舎に来て一時代を築いた後、今度はヴィクトワールピサは登場、ドバイの夜会で不屈の日の丸を掲げた。
前述のエピファネイアも然り。

外国人のトップジョッキーがそれらに絡み、違った一面を見せる時もあった。
そういえば、シーザリオの父スペシャルウィークは武豊にとっては運命の馬。
ああ、父親は世代こそ違えどライバル関係で、そっくりそのまま息子の福永祐一と条件に変化は生じさせつつ、エアスピネルの母メサイアと決闘したのがそのオークスだった。

血の物語。
奇しくも、その3着馬・ディアデラノビアの牡駒もクラシック路線に乗っている。

競馬では、牡馬<息子>であり、海外GⅠ勝利といったフレーズが出てくると、一つの終幕が近づくサインとなる。
ダービー獲りを賭けた熾烈なスポ根的展望を暗示したデジャヴのストーリーは、競馬人も交えた稀有な軌跡をこの春描くことだろう。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方