2016年 クラシック展望②

JUST競馬予想ブログ

クラシック展望②

読了までの目安時間:約 3分

 

重賞、オープンをざっと。

・シンザン記念

勝ったロジクライは、スタミナのある中距離型の正攻法の抜け出し。

2着ジュエラーは、後方からの強襲で魅力を感じさせる結果。

が、以下はあまり自分の得意ゾーンでなかったので、ジュエラーは強い説には疑問も残る。太め解消後に再検討したい。

○梅賞勝ちの2頭の方が…。

・フェアリーS

逃げ勝ったビービーバーレル以外見どころは全くなかったが、パイロ産駒であることより、ダンスパートナー一族のこの路線での強さに、ちょっとした期待くらいはできそう。

・京成杯

意外と平凡。

勝ち馬の実績で、他が自分の良さを封じ込められた印象。

プロフェットは長い距離ではなく、このくらいの距離のパワー勝負向きだろう。

ジュニアC

キャリア豊富なダンツプリウスが、初のオープン戦が試金石となる面々を負かしたのだが、時計が良かった割に、地味過ぎた。負けても言い訳できそうな一戦。

紅梅S

○梅賞勝ちの1頭がシンハライト。

適性外ながら、ワントゥワンを封じ込めた意味は大きい。

桜の連下候補は決定的。

若駒S

期待のマカヒキが、エンジン性能の違いを見せつけ快勝。

-10kgでの出走も、まだ絞れると思う。やはり、全姉ウリウリとは別のタイプだった。

牝馬の活躍が目を惹いた1勝クラス。

同日特別戦で2勝目を挙げたエルビッシュ、エクラミレネールが注目株。なかなかに勝負強い。

福寿草特別で脚を測りながら勝ったロイカバード、いい馬の揃った寒竹賞勝ちのタイセイサミットが、まだ間に合う組として狙いたい2頭。

2戦2勝のジークカイザーは渋い。オフシーズン型として注目。

季節柄、ダート馬を推すことは難しい作業ではないが、今回はハイレベルの500万で人気に応えたゴールドドリームのみを挙げておく。

芝の新馬勝ちの馬で期待したいのは、レーヴドスカーの仔のレーヴァテイン。

ナイアガラ以来の先行型になれるか。

未勝利勝ちは、良血牝馬のレッドアヴァンセ以外では、

ミッキーロケット

ヴァンキッシュラン

アドマイヤロマン

ら、好時計勝ちの関西の牡馬を挙げておく。

青森産のミライヘノツバサは、前で勝負できそうなので応援したい。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方