ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス

JUST競馬予想ブログ

如月の約束~ラジオNIKKEI杯京都2歳S

読了までの目安時間:約 3分

 

過去10年、出走馬から必ずGⅠ連対馬が出ている出世レース。
その流れは、リオンディーズの母父・スペシャルウィークが勝った98年から続く、恐らく、明け3歳のレースとしては最も長いジンクスとなっている。

ちなみに、スペシャルウィークに3馬身半差離され2着でゴールしたボールドエンペラーは、ダービーでも、スペシャルウィークのゴールした1秒弱後に、2番目でゴールしている。

ドリームパスポートとメイショウサムソンの関係とも共通する、共同歩調の流れは、同時期の東京のレースと比べると、ある意味で京都独特の軽さが、消耗の軽減に繋がっているのだろうか。
このレースを勝つと、かなりの確率でもう一つくらいは重賞を勝てるという傾向も出ている。

一方、ハーツクライやラストインパクトなど、ちょっと回り道をしながら古馬になって完成する馬も出ていたという記録もあるから、試金石の意味合いは、どの馬にも共通してくる。

今年、新馬戦から話題となっていた高馬同士の第2ラウンドが、皆の楽しみの一つになっている。
2戦2勝のサトノダイヤモンドと新馬で後れをとったあとは連勝しているロイカバード。

2012年にワールドエース-ヒストリカル-ベールドインパクトと、ディープだけで決まったことがあったが、4着のジャスタウェイとはいつの間にか…。

人気馬=活躍馬。
当時のラジオたんぱ杯で負けただけのブラックタイドがいたせいで、1戦1勝、武豊もそちらに乗ったことで人気にはならなかったハーツクライが5番人気、もっと人気のなかったカンパニーが出ていた04年以外、栴檀は双葉より芳しのレーススタンスを踏襲した結果が出続けている。

ラストインパクトは2番人気、ジャスタウェイも重賞実績があった割に低評価ながら3番人気。マッキーマックス、アドマイヤフジなど古馬になって重賞を勝った馬でも、ここでは1番人気だった。
日本の高馬は、あまり早熟傾向にはない部分もあるから、不安も多いが、トーセンスターダムは勝ったことだし…。
穴を当てても、深追いすることなかれ。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方