2016年 クラシック展望 メジャーエンブレム

JUST競馬予想ブログ

クラシック展望③

読了までの目安時間:約 3分

 


まず、牝馬戦線の方から。
クイーンCの前に、出世レースの一つであるエルフィンSが行われ、京都の未勝利戦を勝ったばかりのレッドアヴァンセが人気に応え、楽しみも少しは増えたなと喜ばしく思っていたのだが。

翌週。嵐の前の東京競馬場で、信じられないような光景を我々は目撃するのであった。
「12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.2-11.6-11.9」
???
困ったものである。(笑)
そもそも、東京でも外回りコース敷設後の阪神でも、3F通過から、34.4-46.1-57.8で逃げる先行馬がいるのかという話なのだ。

このラップを、他の陣営が真っ正直に捉えた時点で、ほぼギブアップであろう。
2歳女王・メジャーエンブレム。
皐月賞参戦を願う声は、ファンからだけではないように思う。
ちなみに、先述のラップ。
位置取りはともかく、1:32.4でヴィクトリアマイルを圧勝した5歳時のウオッカと双璧。流し方も同じ。
一体、彼女はどんな馬に育っていくのだろうか。
感心するばかりだ。

きさらぎ賞と共同通信杯は、勝ち馬の本質面の差異を顕在化させた。
馬場差はあったとはいえ、勝ち時計できさらぎ賞の方が0.5秒速かったのに、1600M通過は推定サトノダイヤモンドが先頭に入って独走し始めたポイントで、共同通信杯2着のイモータルは、勝手な互換ではあるが、その0.5秒前を走っていたことになる。
が、ディーマジェスティがその後ぐいぐい伸びて…。

最終ラップは、11.3と12.3秒。
無論、馬場状態の影響は考慮しないといけない。

でも、終いの脚を見る限りでは、その能力差は1秒ではなく、ディーマジェスティのラスト推定12.2秒とサトノダイヤモンドの1600通過1:35.6を足した1:47.8と実際の走破時計の差0.4秒を加えた1.4秒とすべきなのではないだろうか。
各重賞の勝ち馬に、展開上の利点が生じるような勝負の綾が、結果として味方につけられるかどうかの方が、皐月賞攻略の当面の重要事項である。

この感じだと、芝の急進勢力はなかなか推せない。。
今月は、ヒヤシンスS快勝のゴールドドリームを推しておく。相当な器だ。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方