明け3歳馬 クラシック戦線

JUST競馬予想ブログ

粗い目の幸福

読了までの目安時間:約 3分

 


昨年も今年も、3歳世代の重賞連勝馬がやけに少ない。
2歳GⅠは、その約7割が重賞初勝利馬による制覇という当然の傾向を示している。
現3歳世代もその類例に漏れることなく、500万勝ちのメジャーエンブレムと新馬を勝っただけのリオンディーズが勝者となった。

重賞2着馬と不出走馬であるから、それぞれに不安材料はあった。でも、実力は想像以上だった。
エアスピネル、ロードクエストなど、重賞で連続好走している馬はいる。
でも、強いとされるのはGⅠ馬であり、無敗のサトノダイヤモンドだ。

昨年の牡牝二冠馬はよく似ている。
重賞一戦のみ、それがハイレベルで、ローテの不安、輸送の副作用が影響し、初重賞は2着。
そこまでに既に負けていたことも、ドゥラメンテ、ミッキークイーンの異常な人気先行を抑制する要素だった。

負けていないリオンディーズ、サトノダイヤモンド。
自滅気味に得意条件で負けながら、その後圧倒的な強さで、ライバル陣営をギブアップ寸前にまで追い込んだメジャーエンブレム。
キャリアが少なく、その上時計を持っていれば、逆転もあるか。

マイルでの時計は、3歳戦であれば、総合力の指標となる。
マイル重賞を2勝した馬で、かつオークス、ダービーを勝っている馬というのは、牝馬は特に多く、ジェンティルドンナ、アパパネ、ブエナビスタ、ウオッカと、ワールドクラスがずらり。
ジェンティルドンナは、シンザン記念の勝ち時計がレースレコードと小差だった。

皐月賞で全能力が判然とする、時計勝負によるフィルターの機能しない傾向が、牡馬路線の功罪なのだが、本番が1分58秒台で決着すると、
ノーリーズン
ダイワメジャー
アンライバルド
ロゴタイプ
ドゥラメンテ

共通点は少ないが、連勝馬はいても、無敗馬はいない。
このうち3勝のM.デムーロの異常なまでの中山適性にも感心してしまうが、マイル好走歴や1800近辺での圧勝の記録が残っている馬ばかり。
重賞未勝利馬が3頭いて、後の2頭は、1800のトライアル・スプリングSを制している。

ここに挙げた類例の馬の世代は、どれもハイレベル。
今年も、その流れの通りになりそうだ。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方