ミラクルミルコ 菜七子フィーバー サトノクラウン …

JUST競馬予想ブログ

絶好調な方々

読了までの目安時間:約 3分

 

ミラクルミルコの重賞連勝街道は6つ目のチューリップ賞で行き止まりとなった。
レースレコードでハナ差の惜敗。

壁一つ向こうに、まだ道は繋がっていたのに…。
実は、その壁の一つ一つがすごく厚かったことに、後から気づくのである。
翌日も惜敗。先週は過大評価に苦しみ…。
ただ、意味のある2着は、勝つことより重要だったりもする。

菜七子フィーバーはもうちょっと続いていきそうな盛り上がりを見せているが、久々に(外)表記の馬が活躍して、(父)保護時代など若いファンはもう知らない現在にあって特別感は全く感じられなくなってしまったのだが、モーニン、エイシンブルズアイで重賞3勝とこちらも盛り上げてくれている。

これも死語と化した、所謂持ち込み馬であるサトノクラウンも、休み明けの京都記念を圧勝。
90年代中盤から、サンデー直仔が聖域だった短距離・ダート路線へ続々進出し始める00年代の初期までの10年弱の間、社台系の馬と徹底的にやりあって、おかげで世界に目を向けるきっかけと作ってくれたのが、何を隠そう、日本の生産者の交配の意図が一切反映されていない外国産馬だったのだ。
お返しの品は、サンデーブランドの日本の良血種牡馬がいいか。

調教師部門は、現状横一線。
勝ち鞍最多は矢作厩舎だが、10勝以上しながら2着は5回以下という関東の調教師がいたり、GⅠ勝ち鞍と勝率で競っている。
そんな中、前の週まで勝率で20%を超えていた開業3年目の中内田充正厩舎が、今熱い。
馬の数も質も…、なのは当然として、前週まで9勝していたのだが、うち8勝が未勝利、新馬。あと一つが平場の500万と、徹底して午前中ないしは前半のレースで勝って、現状でもベスト10入りしている。

未勝利クラスが一番多いのは当然としても、勝ち馬のほとんどは上位人気で、勝ち方が派手だった馬も多い。
大物感のある馬が、1、2頭出世していけば、いずれいいサイクルが生まれて、重賞もGⅠもとなるだろう。
まだ40歳になるまで時間がある。個人の目標設定は立てやすい。
精進あるのみだ。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方