産経大阪杯 GⅠ昇格

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

期待と不安

読了までの目安時間:約 3分

 

メジロライアンの大往生の知らせの後、今後の日本競馬界のGⅠの在り方に、想像以上の変質も推測される産経大阪杯の来季からのGⅠ昇格検討中の報が入った。

高松宮記念とクラシック第一弾の桜花賞の間に空白があって、それを埋め合わせるには十分な超GⅡ戦が変化することの意味。
レース名はともかく、今後世界へと羽ばたく日本のエース級古馬にとっての前哨戦的意味合いが、より色濃く、適度に勝負気配が増すことによるハイレベルなマッチアップが、毎年繰り広げられることくらいは誰にでも想像がつく。

でも、正直言って、前哨戦としての位置づけがあるから、産経大阪杯を使う陣営が多いというのが本音だろう。
これが本番となれば、ローテーションが変わる。

幸運なことに、いや、再整備と同時に、元あった格に相応しいレースレベルになりやすい、多元化された海外を含めた目標競走の選定により、また各陣営の選択肢が増えたという面の長所は、間違いなく認められるところだろう。

ただし、夏に使わない馬は多くても、冬は全てオーバーフォールに充てるという陣営は、ほとんどいない。
そのため、一時期様々物議を醸して、結局、みんな前哨戦を使ってから出るようになった春秋のスプリントGⅠような展開というよりは、路線の性質上、秋天的扱いになると思われる。
毎日王冠、京都大賞典と実質同格の扱いになるという意味で、京都記念や中山記念のようなポジションで、かつ、ソフトな仕上げでも、どんな脚質の馬であっても走りやすい競走だから、頭数は揃うはず。

これで一つ確信を持ったのは、暮れの中山の2歳2000M重賞・ホープフルSのGⅠ格上げもほぼ同質の検討事項となり、それと繋がる東スポ杯や京都2歳Sの格上げも近いということ。

現段階では、日本最高賞金のスーパーGⅡとしてのマイナーチェンジが妥当で、多方面に向けた優先出走権の枠を、上位3頭ほどに与え、その中で、海外のレースに向けた足慣らしになる点に変化はないように思う。
新潟大賞典の格上げ&別定戦化か春天の直後くらいの京都に新設重賞でも作れば、全体のバランスも整う。
主催者の采配はいかに。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方