血統コラム

JUST競馬予想ブログ

血に学ぶ

読了までの目安時間:約 3分

 


きさらぎ賞から連勝の勢いに乗って、そのまま皐月賞を制した例もある牡馬クラシック戦線は、同時期行われる共同通信杯組が、弥生組以上の大物を続々送り込んでいるから、「ローテよりスケール」が新定説となってきた。

全てはトレンド次第。
ハイセイコー産駒のハクタイセイが、きさらぎ賞から一息入れて皐月賞直行でもきっちり勝ってしまったのが1990年。
後に、シーホークの直系を少しだけでも生き長らえさせた功労者・アイネスフウジンがダービーを勝った年。
ライアン、マックイーン、少し遅れて出世したパーマーも同世代。
社台の軽快な血統が本格派の長距離血統や非ノーザンダンサー系に簡単に負けていた時代に速いとされたのが、ハンプトンの末裔であり、パーソロンやプリンスリーギフトの入った彼らであったのだ。
速い=強いということ。

サンデー系が、隆盛期から下降期に差し掛かってきた昨今。
クラシックディスタンスは、新御三家降臨の直前であった前記90年世代の構図に似ている。

昨年はキングカメハメハが、サンデー系というかディープ連合と伍して戦った。
年が明けても、その構図は変わらず。
ただ、速さは当たり前となった今、逆にズブさが貴重になっている。

同時進行の古馬王道路線も、今のところは、ディープはディサイファの1勝のみ。
カメハメハは相変わらず元気で、ディープはローカル重賞で2勝を挙げている。

サクラバクシンオーが肌でも、キレにある程度の足かせが入ることで、持続力が増し、結果として距離をこなせるようになる。
昨年の菊花賞でキタサンブラックが証明したそれは、スピード血統が速さを補強するとは限らないことを示している。
ステイゴールド×マックイーンのトレンドも、それに倣った格好だ。

今のそれは、サンデー系歓迎のキングカメハメハ。
だが、トレンドは動く。
クラシックでは、不気味に牙を研ぐヴィクトワールピサ<ジュエラー、ナムラシングン>が面白い。
古馬路線でも、ヴィクトワールにも入っているマキャヴェリアンの血が狙い目だ。
ヘイローが入り、ノーザンダンサーと同じ一族。複合的な継続クロスが容易に可能な血統背景から、今後より幅を利かせてくる可能性がある。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方