2016年 クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

クラシック展望 -牝馬編①-

読了までの目安時間:約 3分

 

チューリップ賞以降の牝馬戦3競走に関しては、相対的に見たところで勝ち時計からも、上がり目を求めるのが難しいフィリーズレビュー、アネモネS組が、大挙台頭する画は想像しにくい。

今のところ、桜花賞で起きるハプニングは、もう見慣れてしまったレコード決着と強いはずのメジャーエンブレムの馬券圏内での小波乱くらいだ。

トライアル群の前半も前半、最初にしてその最重要競走である第一冠と同条件で行われたレースの内容が、あまりにもハイレベルすぎると、それ以後のレースは消化試合に様相を呈してくる。
そのハイレベル戦を外して、断然人気に推されたような馬が、そこで勝とうが負けようが、いい形でステップを踏んで本番へ…、牝馬の場合、それはフィリーズレビュー<過去20年、3着以下から巻き返して連対した馬は、ロンドンブリッジ・ブルーリッジリバー・レジネッタ(優勝)>の3例があるくらいで、基本線はチューリップ賞の好走、上位人気馬と他のGⅢの連対馬の組み合わせとなる。

外回りになったことで、変な波乱が起きる場合が増えた桜花賞は、ペースというより、勝ち時計の掛かった時に波乱が生じる傾向にある。
また、チューリップ賞の1、2番人気馬どちらかが、桜花賞で好走すれば波乱はない。
これは、トリッキーコースの時代から変化していない。

今年は、2-1番人気の決着。
どうやっても消しようのないメジャーエンブレムと3頭が軸で、どうすれば負けるのかを考えて、組わせていけば…。

あまりの超速決着だったクイーンC、チューリップ賞。
奇妙なリンクがある。
1分34秒中盤以上の高速決着は、双方数例あっても、同年でそれがリンクしたのは、あの2007年しかないのだ。
雨だなんだの影響もあるのだろうが。

その年の決着は、
チューリップ②-チューリップ①-クイーンC②。
フロンテアクイーンが軸で、ジュエラーが勝って…、のどちらかが、穴の狙い方にはなるのだろうが。

フラワーC組は、近年壊滅状態。
阪神の改修による、チューリップ賞のレベルアップの副作用と思われる。
今年も、桜花賞とはリンクした結果ではなかった。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方