ニュージーランドトロフィー ラップタイムデータ

JUST競馬予想ブログ

ハイペースの怪・NZT

読了までの目安時間:約 3分

 

今のニュージーランドTは、実に肩身が狭い。
超スロー当然の阪神中距離組の圧倒的なコネクションが厳然と存在し、今では、淀みなく流れるのが自然となった皐月賞からの組の底力が、生ぬるい競馬経験しかない正統派トライアル組の弱点を突く、といった傾向。
東京1400時代にわずか4年で4頭の連対馬を出した栄光は、開催地のお引越しとともに、すっかり色褪せてしまった。

中山開催最初の年の覇者・エイシンプレストンは、直後に骨折。
3着好走のアグネスデジタルも連敗し、イーグルカフェだけがいい叩き台として7着したのち、本番で巻き返した。
この年の3F目からの3つのラップタイムが、
35.4-47.0-58.7→1:34.4

33.9-44.7-55.9→1:32.1
02年、③-⑥-⑦のタイキリオンが勝利、本番は2人14着。

34.9-46.3-57.9→1:33.5
04年、⑦-⑥-⑦のシーキングザダイヤも、本番は2人7着。
翌年、もうちょっと速く流れて、猛烈に追い込んだマイネルハーティーが、3人で13着。

ただ、同じ追い込み競馬でも、
34.8-46.2-58.4
09年、サンカルロは本番は二重降着でにっちもさっちもいかない結果に終わったが、②-②-①のジョーカプチーノが勝利。
結果が似ていても、
34.6-46.0-57.8と流れたのに、先行型が1、2着した06年は、⑥-⑦-⑥のロジックが本番で巻き返した。

トータルで時計が出ても、5Fで58.0秒以上であれば、10年のサンライズプリンス-ダイワバーバリアンのように、先行粘りからでも、また本番で見せ場を作ることはできるが、14年のように、Hペースに乗じて追い込んできたような馬は、本番がどう流れても出番はない。

万能性の一端を、厳しい流れになりやすい条件で、スピード能力を見せつける形で力を示す意味。
34.0-45.6-57.6の流れから、好位抜け出し楽勝を決めたカレンブラックヒルは、この時点では、確かに速い馬だった。
以後、1800重賞を2勝。
今年はサーブルオールが狙い目か。気性のせいでこの路線なのだろうが、2000M位が合う血統はよく走る。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方