血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

ラニ・果てなき旅

読了までの目安時間:約 3分

 

モーリスのアジアマイル・ブルドーザー的踏破作戦が、ほぼ完遂してしまった現状において、ラニが見せてくれる泥のフルコースロード邁進作戦に、否応なく期待が集まっている。

彼は、単なる外国産馬ではない。
でも、日本から輸出して、再度輸入された半外国産馬は、だいたいうまくいかない。

奇しくも、現役時代と得意条件が交錯したキンシャサノキセキとファリダットは、NHKマイルCを共通の目標として調整された中、ともに道悪も影響したのか、結果的に勝ち切れず、以後、短い距離で走ることになった。
晩成血統が味方となったキンシャサの活躍は既知の通り。
それが例外的であると証明するかのように、ファリダットのキャラ変がついに起こらなかったことも、よく知られるところ。

アウォーディー、アムールブリエらは、母が天皇賞馬であることを忘れさせるような、タフなダートを好むステークスウイナーへと育った。
ジャングルポケット、スマートストライク。本当は芝を走らせたかった点では、ファリダットに同じくなのだろう。

ただ、現在北米における最高の種牡馬であるタピットには、完全なるダート馬のイメージがある。
アムールブリエと2つ違い。
彼女の成長を見た上で、満を持して配されたタピットの遺伝子は、ヘヴンリーロマンスの中でダート馬になる化学反応を起こすべくして起こしたのか。

参戦すべきして、参戦する段取りが全て整ったラニ陣営は、迷うことなく、大西洋横断を決断した。
しかし、本物はどこにでもいるもの。
2歳王者・ナイクィストは、いとも簡単に第一冠をものにした。フロリダダービーを勝っている馬の方が、はるかに有利なのは間違いないが、まるで歯が立たなかった…。

ここまでのラニの戦績は、7戦3勝。
母がまだダートで駆けていたような時期に、この成績は期待以上だろう。
出遅れても勝ったUAEダービーの経験は、チャーチルダウンズのチャンピオン競走優勝に今回も繋がらなかったが、ベルモンドパークにわずかな可能性を残した。
出遅れてはいられない。馬がそう感じたなら、意外な展開もなくはない。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方