血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

モーリス再考

読了までの目安時間:約 3分

 


安田記念について考える前に、海外(香港)2戦2勝としたモーリスの底なしの能力と果てしない野望について、改めて、考察する必要性があると、チャンピオンズマイルの結果を見て思った。
「あれはちょっと…」

名手が騎乗し続ける好影響もあるのか、誰が乗ってもダメだと思われた3歳時の不発続きや、転厩後も悪癖として影を落とすと思われていたスタート難も、今では過去の話と一笑に付して、ただ無人の野を疾駆している。

「血統論の破壊」
父はJC馬。母父は凱旋門賞馬で、母母父はシリウスシンボリ、メジロラモーヌらを送り出している。
1分32秒台では走れないはずの鈍重な血統でありながら、それを昨春の初重賞制覇から3連続で成し遂げた。
軽い血統は少ないが、メジロの牝系の馬は意外なほど、現代の高速決着との境界線で強さを発揮する。
31秒台が異常ではない時代に、ギリギリのラインで底力を示す彼の気概は尊敬に値する。

「常識外のローテーション」
安田記念から、休み明けのマイルCS、香港マイルの次は、5月のチャンピオンズMまでお休み。
南半球の際どい使い方とはまるで正反対。日本馬でも、ここまでのローテを選択した馬はデュランダルしかいない。
彼に学んだのか?ああ、吉田家の方が馬主さんでしたか。なるほど。

「負けないという事実」
世界にはまだまだ強い馬がいる。
でも、今回は、タイキシャトルやジャスタウェイがそうであったように、日本人が当地の競馬人にすごいものを見せてやったという類のレースになった。
エイシンプレストン、ロードカナロアなどは、もう、自分のところの馬のように香港のファンにも受け入れられたものだ。

そんなモーリスは、国内ならマイル以外でも勝てるはずだ。
でも、それがマイル戦でのマイナスになるのも、国内戦だろう。
個人的には、安田記念の結果に関わらず、過度の負担のかかる日本から飛び出して、マイル放浪の旅に出てほしいを思っている。

だって、それが彼の望みなのだから。
故障と紙一重のところで戦っている馬だから、使い方は慎重にならざるを得ない。
ただし、挑戦者にのみ、名誉ある称号が与えられるのが競馬だ。
今は突き進むのみ。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方