競馬コラム

JUST競馬予想ブログ

キャロット→ショウナン

読了までの目安時間:約 2分

 

潮目が変わったという感じか。今春のGⅠはサンデー直系の孫が全勝。
桜花賞はディープ産駒の4連覇。東京の後半こそハーツクライが爆発していたが、あと2つのマイルGⅠは逃げ切りでディープの勝ち。
社台ファームやコパさんの馬が複数勲章を獲得するも、やはりノーザンファームの天下だった。

TVでおなじみの手嶋龍一氏が代表を務めるのが、春の主役候補を数多くターフに送り込んだキャロットファーム。
手嶋氏とノーザンファーム代表の吉田勝己氏とは旧知の仲だという。なるほど。
ただ、ハープスターが桜花賞を勝っただけで、その他は正直不発。札幌記念まで勝ったハープスターとて、大事な2400戦では人気を裏切った。

その辺りが影響したか、秋の最初にアドマイヤコジーンが単穴をドカン。この流れは秋華賞にも引き継がれ、同じ一族のショウナンパンドラが圧倒的な時計でオークス馬を封じた。社台ファーム系の逆襲。
ショウナンの国本さんは、照哉さんの社台ファームの生産馬の方を贔屓にしている。
70年代初頭、当時白老にあった社台ファームに導入されたその血は、時を経て、ロイヤルサッシュ系を形成し、今や世界戦略に必須の主要血脈となった。ステイゴールドが今の代表。

イスラボニータがクラシックを牽引し、牧場の調子の良さを示した一方で、サンデーレーシング所有のジェンティルドンナやフェノーメノが、二番が利く底力を世に知らしめた。
でも、そんな社台の圧倒的な流れに反し、ダービーを制し、凱旋門賞でも穴人気をしたのは日高の馬だった。秋には菊や有馬もある。
流れというのは、それが不規則なほど競馬は面白くなる。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方