血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

王位継承

読了までの目安時間:約 3分

 

その競馬に向く馬というのは、例年数が限られる。
王位継承とは少々大袈裟な表現だが、適性の差で他の人気馬を抑え込んだのだから文句はない。

芝 キタサンブラック・マリアライト
古馬のGⅠというのは、人気に応えてこその面もあるのだが、菊花賞馬の天皇賞制覇、古馬のチャンピオン級を専門家が逆転の宝塚記念と、パターン化されたものが一度壊された後の再構築ということで、興味深い結果となった。
有馬記念馬を負かしたキタサンブラックは、その時は古馬初対戦で3着。鞍上の乗り替わりもあった。
春は武豊で。オーナーサイドの意向も反映されたのか、騎手冥利につける指名を、見事勝利という形で応えた。
それと同期の蛯名騎手が騎乗した、有馬は4着だったマリアライトが、仁川でダービー馬斬りを成した。
因縁深く仲良しの名手2人が、ルールを無視した怒涛の快進撃を続けた王者を完封したのだから、痛快である。

ダート モーニン・キョウエイギア
あとはホッコータルマエとコパノリッキー。
若くて粋がよくて、力は確かだが、ツボがある2頭なのかもしれない。
モーニンは明らかにスピード型で、1400Mでも高速の走破記録を持つ馬だった。
キョウエイギアは、地味にキャリアを積み重ねた馬で、正直、この前のレースで力を出し切った人気馬との上がり目の差も大きかったが、想像以上にディープスカイらしい春の変わり身を見せてくれた。
前者は重、後者は良。例年の馬場状態と正反対だったことが、新王者誕生の流れのあるあるを生んだのだろう。

この夏は、ベルカントへの期待が大きい。
2000重賞の王者といえば、ミヤビランベリ、3連覇のエリモハリアー、メイショウカイドウ、ナリタクリスタル…、いかにも巧者という雰囲気の馬が多い。
新潟1000M。巧者しか来ないわけではないが、苦手な馬も多いところで、昨年休み明けから結果を出したベルカントは、カルストンライトオ、カノヤザクラなどと並び称されるだけのマイスター候補の筆頭に今在る。
海外遠征帰りの馬がオールズッコケ状態で、CBC賞も納得の3着だった。
さて、誰が乗るのだろうか。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方