2016年 2歳馬選定

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳馬選定 ~小倉2歳S<重賞総括>

読了までの目安時間:約 3分

 

新潟2歳S
勝ったヴゼットジョリーが一枚上だった。新潟ではこれがよくある。
渋とくのびてくるイメージは、新馬戦が牡馬の有力どころをねじ伏せる内容だったことを考えると、他の馬よりも現時点での戦法の選択肢が多かったことの何よりの証だろう。
完成形ではないが、キレを出すために下げようとしなければ、恐らく、世代のキーホースとして安定した能力発揮をしてくれるはずだ。
全く力を出せなかったモーヴサファイア以外は、自己条件からしっかりと立て直す方が後々楽なような気もする。

札幌2歳S
トラストの逃げは、意外というものではなく、他が引く可能性のあった2戦目の人気馬が多かった点からも、実は陣営の思惑通りに事が運んだ結果のように思う。
前走時の評価からして、明らかに格下という評価になっていたが、そこは2歳重賞である。
脚質もまだ定まっていない未完成の馬同士の戦いのこと。今日はトラストのレースに終始したが、早熟の配合馬が出てくるようなレースではないから、晩春には間に合う馬はいると感じた。

小倉2歳S
レーヌミノルが歴史的圧勝で、重賞初制覇を決めたが、どうもこの世代のここまでの重賞戦線は、一頭がやたらと強くて、あとが終いアラアラという展開ばかり。
エピセアロームのダイワメジャーと後の快速ダート王のメイショウボーラーを出したタイキシャトルの配合で、それらのプラスの面がすべて出ると、こういう結果も有り得たという印象。
すずらん賞勝ちのリエノテソーロも悪くはなかったが、これでは比較にならない。

コスモス賞に関しては、当面の重賞出走資金を得て、ハードローテもあって秋以降に備えることとなったサトノアリシアが注目株。
レベルに疑問の残る組み合わせながら、この時期にマイネルの牡馬に競り勝った価値は大いにある。
タガノアシュラとこれで横一線。まあ、ハービンジャーの未来を委ねられた存在でもあるから、そちらの方が重要か。

今週も小倉未勝利1800戦から、ナムラライラ<ハーツの近親>が登場し、夏前半の勝ち上がり組もひっくるめて、この世代はとにかく中距離型に魅力のある馬が集中している印象を持った。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方