血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

重賞1番人気敗退の復習③

読了までの目安時間:約 3分

 

オールカマー

21世紀に入ってから、中山では13回行われているが、1番人気は【4315】とまあまあ。
ただ、大きな落とし穴があって、【3310】と【1005】という明らかな棲み分けが、GⅠ連対実績という細かい目のフィルターを通すと、実に分かりやすい形で顕在化する。
GⅠ3着があったエアエミネムと、ダイワテキサス、ハイアーゲームに差がついたのは、休み明けなら格上の馬で、そうでなければ夏に結果を出していること。
加えて、4着の両者は、ここに至るまでが大分タフで、テキサスは関屋記念で61を背負って好走し、ハイアーは歴史的レコードの出たダービーの3着。
消耗しても、半端な上昇力でも、ここでは通用しない。

あとの消えた組は、基本的に押し出された人気だから、小倉、新潟記念に毛の生えた程度のメンバーでない限り、夏競馬組は連下としたい。

神戸新聞杯

07年の大幅変更後の9年間で、1番人気馬がダービー不参戦であったケースは、ただの一度もない。
ダービー連対馬は【4400】とほぼ完璧なのだが、ここで1番人気だと【4100】。
10年にダービーの着順が入れ替わったのが唯一の敗戦の例で、あとは楽勝か力が違うというパターン。

が、ダービー連対馬を差し置いて、ダービー1番人気の着外の馬がまた人気になると、【0002】で、何故かダービー連対馬も敗れる。
ダービーのレベルも多分に影響するようで、セントライト記念でダービー組の馬が勝つと、1番人気は【3200】でクラシックホースは負けていない。
波乱は来年以降に期待である。

翌週行われるスプリンターズSは、GⅠ昇格後のこれまで1番人気が【11618】という結果で、イメージよりはまともに収まっているのだが、3着以下となると、あのタイキシャトル以外は、競走中止のケイエスミラクルを除けば、
ダイタクヘリオス
ゼンノエルシド
サニングデール<不良>
アルティマトゥーレ
グリーンバーディー
ロケットマン
ハクサンムーン

らが、実績上位ないし、同格くらいの馬を差し置いて、国内の強い馬がいるのに過剰人気になった面々ばかり。
勢いと実績に逆らうレースではない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方