血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

期待はほどほどに

読了までの目安時間:約 2分

 

札幌記念は過去10年、雨の降った2回と馬インフルエンザの影響で2週繰り下げて開催された07年の3回以外は、全て1番人気の馬が連対しており、波乱は滅多に起きない。

ただ、人気馬の勝率に関して、少し微妙なデータが残っている。

今年のようにGⅠ馬が人気を集めそうな年の場合、エアグルーヴを筆頭に、確かにGⅠ馬はここで人気に応えていることが多いのだが、パターンによって、色々と着順が入れ替わる傾向が出ているのだ。

 

・後の有馬記念連対馬はイマイチ

マツリダゴッホやブエナビスタは、格下馬相手に脚質や勝ちパターンが全く違う馬にあっさり負けてしまった。メジロパーマーがハンデ戦時代に勝って以降、ここの勝ち馬が有馬記念も制したことはない。消えた馬が1頭…。

・やっぱり牝馬

連覇のエアグルーヴはもちろんのこと、ファインモーションや前述のマツリダゴッホを負かしたフミノイマージン、フサイチパンドラが変則開催の年に勝ち、ヘヴンリーロマンスは連闘で勝って天皇賞出走へと舵を切った。夏の格言は、案外的を射ているものだ。

・牡馬はポン駆けの利くタイプから

少し気難しいような馬に向くのは確か。もう一つは、洋芝適性より小回り適性の方が重要だということ。

1番人気を裏切ったジャングルポケットとダークシャドウは、東京の方がいいタイプだった。

 

今年の場合は、有馬記念には合わなさそうな牝馬のハープスターと、ほぼ壊滅的なデータが出ているゴールドシップとの対決という構図で、大分差が出た。

でも、日本の春のGⅠから直行した1番人気の牡馬は、GⅡ昇格後5頭しかいないのだが、ロゴタイプ以外は皆勝っている。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方