血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

奇跡の血統 ミスタープロスペクター

読了までの目安時間:約 3分

 

凱旋門賞とスプリンターズSが行われた週は、
・ポストポンド<父ドバウィ(シーキングザゴールド直系)×母父ドバイディスティネーション(キングマンボ直仔)>
・ビッグアーサー<母父キングマンボ>
らが人気を裏切った。
しかしシリウスSを、
・マスクゾロ<父ローマンルーラー(フサイチペガサス直仔)×父母父母母父にミスタープロスペクター×母母父ホームビルダー(ミスプロ直仔)・継続クロス>
が制し、スプリンターズSと凱旋門賞では、
・レッドファルクス<父スウェプトオーヴァーボード(フォーティナイナー直系)>
・ファウンド<父母父ミスワキ×母父母父クラフティプロスペクター>
らが、人気馬の穴埋めをする見事な走りを見せた。

毎日王冠に出られた4歳、出られなかった4歳もそう。
・アンビシャス<母父エルコンドルパサー(キングマンボ直仔)>
・リアルスティール<母母モネヴァッシア(全兄キングマンボ)>

西の前哨戦でも、
・ラブリーデイ<父キングカメハメハ(キングマンボ直仔)>
・ラストインパクト<母父ティンバーカントリー(ウッドマン直仔)>
らベテランが、この秋も無事に始動した。

日本なら断然のサンデーサイレンス直系という構図。
欧州は重い馬場であればあるほど、サドラーズウェルズの血が躍動し、大まかなところではデインヒルを中興の祖とするダンチヒの直系が幅を利かせている。
アメリカではそれらも活躍するが、ダートでは、ボールドルーラーやデピュティミニスターに代表されるヴァイスリージェントも大威張りで存在感を示している。

にもかかわらず、どの国でも、ミスタープロスペクター系はどんな条件であろうとも、何かの系統は自分の庭を持っていて、そこで活躍する。
フォーティナイナーやキングマンボには、もはや、国も馬場差も条件も問わない万能性が見て取れる。
つい最近のキングマンボ系は、どうも大舞台で情けない感じになっているが、昨年はヒーローを増産していた。
ノーザンダンサークロスが全盛の時代にあって、それを生み出す原動力となったネイティヴダンサーの直系が活躍する世界は、何も、突然一変して生まれたわけではない。
ノーザンダンサーの万能性と、原理は同じだと思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方