2016年牝馬クラシック総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

牝馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 

惜敗と激闘と完勝。
メジャーエンブレム、ジュエラー、シンハライト。
春を振り返れば、彼女たちの才能を出てくるレースごとに、再度確認するような展開となっていった。
それが、季節が変わると…。

メジャーエンブレムは絶対ではない。
桜花賞も皐月賞も同じ。
結局、2歳王者には厳しい舞台なのである。

世紀のレースレコードでチューリップ賞を駆け抜けたシンハライトとジュエラーは、併せ馬になるところは同じでも、勘所を押さえた騎乗が魅力のデムーロ騎手の気概と勝負強さが光った競馬を見せ、桜花賞はジュエラーの勝利。
まるで、ダイワスカーレットの再現をするような戦績を残し、春はこれで燃え尽きるのであった。

ハナ勝ちの後の惜敗。
上の兄が大舞台に縁がなかったことを、地で行くような内容で敗れた桜花賞は、シンハライトの覚醒に繋がった。
下げて、決め手を活かす競馬。
牝馬だからこそできる芸当は、池添騎手の十八番。
オークスでは、流れが存外速くなり、結果的にだろうが、ダービーポジションとは逆に、2角辺りでは真ん中より下の順番の通過が望ましいというスタイルを最大限に活かせる展開で、今度はチェッキーノという強敵を相手に勝負強さを見せた。

桜花賞を負けたことで、ローテを考慮した安田記念参戦やオークスの王道ローテを取りにくくなった2歳女王は、まずは勝利をということで、因縁の府中マイルに挑む。
今度は逃げて、ロードクエストら後の古馬重賞善戦馬を完封。
しかし、ジュエラーが戻ってきたときに、彼女の姿はトレセンにもなく…。

秋華賞は、オークス3着のビッシュがやけに人気になってしまったので不穏な気配は漂っていたが、その時に不利があって、完全にそれが敗因、厳密に言うと、ビッシュに勝てないまでももっと接近できただろうヴィブロスとパールコードが好走。
色々な意味で悔しい思いをしているだろう、福永、川田両騎手の好騎乗が目を惹いた。
流石に、桜花賞の人気トップスリーほどは強くないが、秋華賞馬は古馬になってからは頼もしいケースを、我々は何度も目撃している。

櫛の一本が欠けようとしている中、新顔が上位独占というのは、今後も侮れない世代である。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方