2016年牡馬クラシック総括

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 


牝馬路線もそうだったのだが、出る杭は打たれる現象の連続であった。
牡馬路線はそれに加えて、信じられるものは決まって、黄金ローテの馬である、という結論のようなものが明示され、極めて安定的な戦いが繰り広げられた。

期待に違わぬ走りで3連勝していたサトノダイヤモンドと劇的2歳王者戴冠を成したリオンディーズが人気になった、第一関門たる皐月賞。

直前に大地震が発生し、5年前のクラシックを思い起こさせる揺らめきの中での争いは、春ではたまにある強風の中の一戦となった。
「速いんじゃないかな」

大外枠から先団とは離れた中団の外目を追走し、直線勝負に賭けた、否、理想的なレース運びとなったディーマジェスティ快勝の流れは、蛯名騎手の体感そのままに、自分の競馬に持ち込める可能性を勝機と即座に捉えた、ベテランの勝負勘も大きかったように感じる。

エアスピネル等、上手に競馬できる面々は、ペース判断を見誤ったデムーロ騎手のリオンディーズの失速→斜行に勝機を奪われ、伸びきれず。
弥生賞快勝のマカヒキが、限りなく勝利に等しい2着への追い込みで、ダービー快走の前座とした。

そのダービー。
見た目には好内容だったが、マカヒキ以外は見せ場を作って、エネルギーが残っていなかったような惜敗であった。

いつもより前で、いつもより強気に、いつも以上に勝負に徹し…。
ダービーらしい、騎手にとって最大目標となる舞台で、最高の結果を残した川田騎手を褒めるしかない。
ルメール、蛯名両騎手には、ちょっと気の毒な直線であった。
坂上での交錯は、サトノの落鉄が原因だったとされる。

無念は勝ち抜けた2頭も同じ。
残党たるギニーホースの誇りにもかけて、菊は負けられぬ戦いに。

しかし、ダービーの不運を天秤にかけたら、無冠馬に肩入れするのが競馬の神様なのだろう。
サトノダイヤモンドもエアスピネルもよく走った。レインボーラインもよく伸びてきたが、前週のビッシュがそうであったように、ディーマジェスティだけが力を出し切れていないような競馬で、苦汁を舐めた。

皐月賞の厳しさは、非連対馬のガッツの源になったのであろう。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方