血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

ヘイローマジック

読了までの目安時間:約 3分

 

秋華賞と菊花賞を制したのは、奇しくも、オークス、ダービーの覇者と同じヘイローのクロスを持つ馬だった。
ヴィクトワールピサやその前年のロジユニヴァースが、母方にヘイローを母父に持つマキャヴェリアンの入ったサンデー系として、クラシックの本命馬になったことがある。
共に、皐月賞、ダービーで素晴らしい競馬を見せたが、一方は完全な道悪で、もう一方も速い時計の出るような馬場状態ではなかった。

今年、オークスから4頭のヘイロークロス馬が路線を席巻し、春には、父がヴィクトワールピサというジュエラーが桜の女王を戴冠している。
これら全て、良馬場での結果であり、一昨年のダービー馬・ワンアンドオンリーがヘイローの同系配合馬だったのに対し、明らかに直系の3代目に入ったヘイローと母系の絶妙な位置に入ったそれをクロスさせようという狙いの意識的な配合のように感じる馬の今期の活躍は、成功の道筋を作ったと言える。

ヘイロー自体は、スピード優先の北米血統であり、従兄弟のノーザンダンサーと同等とまでは言えないが、そのバックボーンは偉大で、80年代中期に傑作たるサンデーサイレンスをこの世に生み出した。

以降、日本競馬の水準は世界トップレベルにまで上り詰め、彼の輸入の時期に合わせて多数連れてこられた外国産馬が、日本競馬の広報として仕事を果たした。
20年の時を経て、その広報官たる役目を任ぜられた才能の血は、未だ競馬界に影響を及ぼしている。
そして、傑出した結果を残したタイキシャトルは母父となり、ダービー馬を送り込んだ。

ヘイローは軽いが、サンデーは活力漲る万能血統。
南米で特異な発展を遂げた亜流血脈を得て、ノーザンダンサー級の影響力を得た。
母系の血脈によって、いかようにその表情を変えられるカメレオンのような性質こそ、成功の最大要因になる。

ヨーロッパの重厚な血を受けた牝馬勢に、南米血統をもう一度掛け合わせて生まれたヘイローのしつこいクロスのかかった牡馬2頭は、奇しくも、距離延長の舞台で結果を残している。
長い方がいいのは、言わずもがな、普通と違うからだ。
ヘイロークロスは、各々の個性をまとめるヒモとなったのだろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方