血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

父仔三代秋物語(激闘前夜)

読了までの目安時間:約 3分

 

ロベルト系は春に燃え尽きることが多いが、それは春のクラシックで強いから。
外国産馬であったグラスワンダー<1995生>には、出られないのだから全くの無縁であり、3歳春は大きな故障でレースに出ることすら叶わなかった。

99年の秋。
その時、いつも鞍上にいた的場均が1年余り前思い悩んだ末に、降りることを決意したエルコンドルパサーのフランスでの激闘が大きく報道されていた。
春からのレース参戦で2勝2着2回。
毎日王冠は因縁のレースだった。
共に無傷の3歳牡馬だった彼らが、非公式世界最強中距離馬・サイレンススズカに挑戦する舞台が、1年前のこのレース。

スタミナにも自信があったというより、エルコンの末の伸びを知っていたこともあったのか、スズカを攻めの4角潰しから競り落とそうという作戦は、見事失敗に終わり、惨敗にも近い5着に敗れていた。

08年秋。
ウオッカが負けた。
第69代ダービー馬のタニノギムレットが送り込んだ、世紀のドラマチックフィリーは、スーパーホーネットの末脚に屈した。
そのひとつ前のレース。
後のGⅠ馬2頭が、同じようなレースをしていた。
正攻法の抜け出しでオープン入りを確実な状況に持ち込んでいたグラスワンダー産駒のスクリーンヒーロー<2004生>と、いつも以上に不器用に外を回って伸びてきたジャガーメイル。
ハナ差ジャガーメイルが差し切った。
これで、ウオッカの秋天の展開も説明がつくとは、何の因果だろうか。

スクリーンヒーローの仔・モーリス<2011生>は、そんな父・祖父とは違い、4歳シーズンは順調だった。
15年秋。
が、毎日王冠、富士Sを相次いで回避。
血は争えない。
それでも、ムーアで2歳時唯一の敗戦を喫した屈辱は、鞍上の記憶にも刻まれていたのか。
タイキシャトルしか成功させていない休み明け参戦のマイルCSを、それ以上の間隔となる安田記念以来の競馬で制した。
叩き上げて有馬記念を制した祖父と、父が泥にまみれたアル共杯を制した父とは、あまりにも違うストーリー。

直後に、ゴールドアクターという同期まで登場するこの物語。
何故か天皇賞との因縁が、背景を彩るのであった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方