2016年 2歳馬選定

JUST競馬予想ブログ

2歳馬選定<~京都2歳S>

読了までの目安時間:約 3分

 

重賞短評から。

京王杯
時計は水準以上。牝馬とはいえ、小倉チャンピオンを倒したモンドキャンノのスケール感は、函館の時の評価通りのものがある。
故に、レーヌミノル同様、距離の壁を突き抜けるものが今後問われるわけだが、抜け出す脚は速くちょっと怪しい。

デイリー杯
牝馬が強い世代の傾向を体現するように、ジューヌエコールがロスのないコース取りで、見事に3連勝を決めた。
ソニンクの系統で、若いうちは完成度の高さで距離をこなせる傾向があるが、実証したという感じでもなく、本番は着候補か。

東京スポーツ杯
ブレスジャーニーが一抜けの豪脚披露。東京専門の嫌いはあるが、そういう馬に限って、中山、阪神が得意というケースは多い。
トラストが力を出し切れなかったから、勝負付けまではまだだろうが、どの道使える脚は短いのだから、右回り慣らしのレース選択をするか否かが、今後の成功の鍵を握る。

京都2歳S
端的に言って、スローの瞬発力勝負でミスプロが自滅の展開。
勝ったカデナは、母系が淡白な印象を受けるので、京都専門になる可能性はある。

ファンタジーS
レースを全くできていなかったミスエルテが、ファインモーション並みのオートマチック車的加速で、力を示した。
内容は新馬戦の方が上だったが、距離短縮の必要性は、血統背景とローテ上の最善策とすると、1着賞金獲得に意味があったとすべきか。

百日草特別 アドマイヤミヤビ
黄菊賞 タガノアシュラ
神ってるルメールと、平均より速い流れを作る逃げで技量の高さをみせる武豊の腕が全てだったとはいえ、それに馬が応えたことを評価したい。
ハーツクライとマンハッタンカフェのそれぞれ良血馬で、2000Mより長いところで出番のある配合だから、今年の皐月賞のような消耗戦は歓迎だ。
ベゴニア賞勝ちのサトノアレスは、ディープだからマイラーではない。

新馬・未勝利組では、
/5 サトノシャーク
/13 ハーツブライト
 〃  グローブシアター
/19 ミッシングリンク
 〃  サーベラージュ
/20 ハナレイムーン
/26 ヴェルラヴニール
 〃  ミリッサ
らが注目馬。
ミスエルテ、ブレスジャーニーを世代のトップに据えるが、朝日杯で結論で出すのが筋だろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方