2016年2歳路線総括

JUST競馬予想ブログ

2歳路線総括<牝馬編>

読了までの目安時間:約 3分

 

「3」と「0」。
今年、GⅠが行われる前までの重賞における成績の比較である。
1番人気に応えて勝利した数が、牝馬は3度で牡馬はまだなし。

ここ数年は、阪神ジュベナイルフィリーズまでは牝馬路線が混とんとするというケースが多かったが、今年はすんなりと前走の勝ちっぷりの良かったミスエルテ、リスグラシューが人気に応えた。
鞍上のコンタクトも、無理をさせずにゆっくり外を回してきたという、それぞれの血統の持つ長所を引き出すような騎乗であったから、何一つ負担のかかっていない楽勝と見えた。

既に、牡馬を完璧に打ち負かした例も2度ある。
週末に控える朝日杯フューチュリティSで、ミスエルテがどこまでのパフォーマンスを見せられるかも興味深いが、時計まるまる1つ分の差をつけ小倉で圧勝したレーヌミノルも、新馬から似たような中団から差し切りで本番向きと思わせる実力の一端を新潟のマイルで示したヴゼットジョリーもそう。
明らかに、総合力がここまでの時点において、牡馬より安定的に能力を発揮できているせいか、牝馬の方が強いと感じられる側面がある。

そういう年ほど、本番のジュベナイルフィリーズは来春の展望が、手に取るようにわかる結果となるわけだが…。
田辺騎手が先行馬に乗ると、意外とスローになることは多いが、アリンナのスピード能力を遺憾なく発揮させたことで、かなりのいいペースで流れたから、もう実力勝負向きのクラシック血統の馬が人気のレースで、それが崩れる可能性はなかった。
本来、もう少し余裕があっても、ここでは間に合ってしまうというケースがまま見られる2歳GⅠだが、誰もがハイレベルだと感じていたように、周到にローテを組んできた組が上位独占。

ここで初めて名を挙げるソウルスターリングの正攻法の粘り込みは、上がりの脚の差が歴然であることからも、メジャーエンブレムより柔軟に競馬のできる三冠候補としてのそれを証明する内容であった。4に伸びた数字は最後の朝日杯で…。

勝者を称えるべき女王決定戦だが、ミスエルテも今週末の主役である。
ひとまず、フランケルは凄いということが実証されたという結論でいいのではないだろうか。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方