2016年 古馬王道路線総括

JUST競馬予想ブログ

古馬王道路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

キタサンブラックが中心であったことは、有馬記念まで見れば明らかだが、要するにこの馬とこのカップリングが、勝負の中身を左右したように思う。
強い馬がいれば、それに負ける。
目標が違ったとはいえ、モーリスとの対戦がなかったことは、残念である。

そのモーリスは、東京より香港、それよりもしかすると京都が合っていたという可能性を秋に示した。
キレる馬ではなく、スピード能力が豊かなミドルディスタンスホースであることが、秋天の直線で再度証明された。

それではキタサンが敵うわけがない。
血統のコンセプトと適性がまるで裏返しの彼らは、今年は戦法もより研ぎ澄まされていった。
ペースを見て、馬の能力を出し切る策を見出す武豊騎手にとって、キタサンブラックのような毎度スタートが安定している馬は、実に走らせやすいパートナーである。
危ないシーンはあったが、春天は逃げ切り。
同じ逃げでも、一番楽をしたい1角過ぎで急かされたことから、今までにない速い逃げに打って出た宝塚は、ドゥラメンテに負けるどころか前年有馬で並んでゴールしたマリアライトにも先着を許す形に。

速く行ってはダメ。
全ての面で敗因しか思い浮かばなかった秋天回避は、当然の判断だ。
負けられないJC。
スタート後、リズムに乗せてあげるところまでが騎手の仕事ではあったが、その後は単純に、今の充実を示すスマートでかつ力強い逃げとなった。
生涯最高のレース。
そんな後の有馬が、またベストという馬はまずいない。
どちらかが95点以下になる。
サトノ同盟に屈したゴール前。いつもよりシャープに映した体つきが、際どい勝負に持ち込めた理由ならば、その成長力は天井知らずということか。
自分が齢を重ねれば、若いライバルはもっと強くなる。今度は、あの宝塚のような逃げで、他を圧倒したい。

有馬記念が終わって、暫し芝の競馬はお休みとなったわけだが、3歳サトノダイヤモンドに有馬を勝たれてしまって、横一線の年度代表馬投票は、昨年以上の悩める選択に、記者も本音は大喜びであろう。
有馬に価値がある年は、競馬は面白いのである。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方