2016年ダート路線総括

JUST競馬予想ブログ

ダート路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

中央も地方も、4歳馬が活躍するか、実績上位の6歳以上の古豪が力を見せるかのどちらかになった今期ダートのGⅠ戦線。
・川崎記念 ホッコータルマエ<7歳>
・フェブラリーS モーニン(4歳)
・かしわ記念・帝王賞・南部杯 コパノリッキー<6歳>
JBC川崎
・LC ホワイトフーガ(4歳)
・スプリント ダノンレジェンド<6歳>
・クラシック アウォーディー<6歳>
・チャンピオンズC サウンドトゥルー<6歳>
・東京大賞典 アポロケンタッキー(4歳)

当然、圧勝であったジャパンDDのキョウエイギアや全日本2歳優駿楽勝の牝馬・リエノテソーロなどにも触れないといけないのだが、如何せん、対決構図が明白で、且つ、互角に戦えているレース展開からも、今後の王道を支えるのは今年の4歳世代であり、それをどこまでいじめられるのかという楽しみが、まだ元気な6歳世代には残っているし、これが肝なのは間違いない。

棲み分けくっきり、得意ゾーンの中でのリーグ戦となった春とは異なり、秋の3か月間の戦いは実に濃密なものがあった。
中央の武蔵野Sと前述したGⅠ3連勝を決めたコパノリッキーの南部杯など、異常に速い時計を6歳馬が叩き出したかと思えば、時計を少し要した川崎のGⅠ3戦以降の戦いでは、勝ち馬それぞれの持ち味が引き出されたレースになり、大いに盛り上がった。

唯一、東京大賞典は古馬陣のさすがの連戦による疲労が若干見られ、伏兵の台頭を許すこととなったが、初GⅠ参戦であったチャンピオンズCで自分の競馬ができなかった割に5着と頑張ったアポロケンタッキーが、内田騎手の闘魂注入に応え、快走を見せたのだから痛快だ。

ホッコータルマエ以外は来年も現役。
益々の活躍は期待される4歳勢が、5歳になって、新3、4歳世代をどういたぶっていくのか。
既に桁違いの大物がちらほら顔を覗かせいる中、ここに挙がらなかったノンコノユメの復活も、重要なカギを握っているのではないだろうか。

武蔵野S快勝のタガノトネールの事故死は残念であった。
この馬に田辺騎手が乗って、今度は自分がコパノリッキーに一泡吹かせられたかもしれないのに…。
合掌。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方