2017年1回京都・1回中山回顧

JUST競馬予想ブログ

行く末の明暗

読了までの目安時間:約 3分

 

ざっと、中山、京都の1回開催を振り返ると、殊重賞戦線に関しては、中身の濃いレースが多かったような気がする。

東西金杯は1番人気馬が力を見せ、相手には実績だけなら勝ち馬にも引けを取らないGⅠ馬だとか、勝者に導かれるようにして距離を短縮することで力を発揮した同期の馬を引き連れて、単純ではない面白みのあるハンディ戦らしさを演出してくれた。

4歳馬は強く、以降もミッキーロケット、グレンツェントが人気に推されながらもきっちり接戦をモノにして、人気過剰にも思えたアメリカJCCのゼーヴィント、ミライヘノツバサにしても、超ハイレベルの展開を自ら動いていく形で勝ちに出る競馬で、初体験の厳しい競馬ながらも2、3着と健闘した。

キタサンブラックやミッキークイーンのいる5歳勢も、相変わらず高水準のステークスウイナーが数多く輩出している。
世代のトップホースと大舞台で肉薄した経験のあるタンタアレグリアやマキシマムドパリが、早くもこの時季から始動し、あまり絶好調ではないようにも思えたのだが、初重賞制覇を連続して果たした。

問題は3歳馬。
シンザン記念もフェアリーSも、雨が降っていたといえ、ちょっと荒れすぎ。
ペルシアンナイトやアエロリットに実力がないというよりは、上と下でかなりの能力差がある世代だという印象だ。

年末のサトノ・藤沢祭りで主役を演じた面々は、期待通りに秋になった頃から実力を発揮出来る状態になっていった。
準備がしっかりと出来ているから、目標かどうかはともかく、流れさえ向いてくれれば、結果は自ずとついてくるという状況であったことは間違いない。

ただ、明けのオープン特別は軒並み波乱となる落ち着かない流れ。
そんな中で唯一人気に応えられたオープン戦の勝ち馬が、京成杯優勝のコマノインパルス。
が、この馬も今後の扱いに手こずりそうな気がしてならない。

豪快に外から伸びてこられたのは田辺騎手の自在の騎乗が容易に可能な状態であったことと、あまり内側の馬場状態がよくなかったこともある。
アルアインとキョウヘイがシンザン記念の前後で評価一変となったこともあり、牡馬路線は特に、レース後の評価が今後増えると見込まれる。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方