血統コラム

JUST競馬予想ブログ

色違いの個性

読了までの目安時間:約 3分

 

先週までの中央競馬で重賞レースは13戦行われ、直系<父系>という概念を用いてレース結果を分析すると、サンデーサイレンス、ミスタープロスペクターら大種牡馬2頭だけで、ほぼ全ての説明が可能だ。
ただ、それでは各々の個性を血統からは証明できない。

そこで、
・エアスピネル、ライジングリーズン、マキシマムドパリ、グレンツェント、タンタアレグリア、ダンスディレクター、アメリカズカップ<SSとMPの組み合わせ>
・キョウヘイ、カフジテイク<同系配合>
・ツクバアズマオー<サンプル多数のサンデー×ND系>
らを除外したのだが、もう3頭だけになってしまった。

彼らの走りの理由は、ちょっと複雑なものがあるようで、案外一点突破できる確たる勝因があった。

コマノインパルス
バゴ×フジキセキ<ヘイロー5×4等>
父はアルマームード系で、孫のヘイローも含まれる特異な血統だから、ヘイローのクロスの持つ強さのイメージは、見た目以上に強い。
コマノインパルス自身はリンデンリリーが3代母という、オグリキャップと同じシュリリー系の出身。
京成杯のような競馬が似合う、豪快な競馬ができるバックボーンがある。

ミッキーロケット
キングカメハメハ×ピヴォタル<MP3×5等>
ノーザンダンサー系とミスプロ系の単純な組み合わせが4代続いている。
サンデーがなくてもスピードは足りるが、モタモタする印象は戦績を見るまでもない。
サンデーの入っていないミスプロ系らしく、鋭さの不足を露呈するように、高速決着の皐月賞惨敗、道悪4戦パーフェクト連対という結果は、いかにもである。

ブラックスピネル
タニノギムレット×アグネスデジタル<ヘイルT4×5>
瞬発力の源は、母モルガナイトの母父サンデーサイレンス。ギムレットもBTでは反応がいい方の馬で、ヘイルクロスは外国で言うところのNDクロスと同義。
スピード能力をどう繰り出すかという時に、この馬の場合は決め手比べの超瞬発力で能力全開になるようだ。
今年好調のサンデー×MPの影響もあって、東京新聞杯はその2頭がブラックスピネルに続いて入線した。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方