競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

芝の瞬発力勝負

読了までの目安時間:約 3分

 

東京、京都の開催に替わって、古馬重賞は極端な上がり勝負が目立つようになってきた。

シルクロードS勝ちのダンスディレクターは33.1秒で後半の3Fを繰り出し、鮮やかに差し切り。
東京新聞杯の場合、マイル重賞としては極端な緩ペースだったとはいえ、上がり3F32.7秒という、昨年のクイーンCの勝ちタイムと真逆の意味での衝撃が画面からも伝わってきた。

この2つが、1:07.8、1:34.9という平凡な勝ちタイム。
東西金杯が2:00.6、1:32.8で、流れが厳しかったアメリカJCCは2:11.9という中身のある力勝負だったから、どうケチをつけようとも、その結果を軽視することはできない。

が、個人記録<個体という方が正確かもしれないが>、即ち上がりのスピードを問われた際に叩き出した時計というのは、見た目にはびっくりするものの、上級条件であるほどその評価は高くなくなる。

ダート重賞で追い込んできたグレンツェント、カフジテイクらが、ダンスディレクターやブラックスピネルに対応するような36秒台、34秒台の決め手を繰り出して勝利したが、それは個性であるから、それと結果がそっくり底力として証明されることになったが、芝の2頭は、必ずしもそうではない。

スタートから5F連続12.0秒以上という考えられない展開から、10.9-10.8-11.0と、強烈な決め手を求められた東京新聞杯の直線の攻防は、スプリント戦におけるテンの先行争いと似た構図であるから、得意不得意は当然の如く結果に反映された。

中団から追い上げた2着のプロディガルサンが32.0秒。
逃げながら追い込んだような脚を使ったブラックスピネルは、これも極限の決め手を使っているから、それを0.7秒上回ったライバルの方が、キャリアの面でもプラスアルファがありそうな雰囲気もある。

しかし、新馬戦ではないから、こういう条件にならないと勝負にならない可能性もないわけではないし、第一、距離を一定程度走ることによって生じる消耗も考慮すると、平均的に脚を使った方が遥かに、馬にとっては優しいはずである。

先週の重賞はトップ騎手のリードで、素晴らしい競馬が展開された。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方