2017年中山記念

JUST競馬予想ブログ

中山記念は単純だ

読了までの目安時間:約 2分

 

昨年の中山記念組には大いに期待をしたのだが、今一つの結果に終わった。
リアルスティールやロゴタイプら、GⅠ待望組の戴冠はあったのだが、ここでのレース内容とは全く直結はしていない。

カンパニー-ドリームジャーニーで決まった09年から、ヴィクトワールピサ、ジャスタウェイらが圧勝して世界前哨戦の匂いも漂っていた中山記念が、元の木阿弥になりかけている。
96サクラローレル、98サイレンススズカ…。こういうのは15年周期なのだろうか。
その辺り、前走の結果との関連がありそうだ。

前走負けていた馬の代表格は、
トウカイポイント
ローエングリン<2回とも>
カンパニー<〃>
前走勝ちだと、
サイレンススズカ
キングヘイロー
ヴィクトワールピサ
ジャスタウェイ

良血で種牡馬としても成功しているだとか、GⅠ勝ちのある最近の著名馬による勝利のケースに見られる念押しのパターンということで、ドゥラメンテとの共通点はある。

一方で、既にGⅠを勝っていると、その波に乗れているうちは強いが、後々は残念なレースを見せてしまうのも、歴史は物語る。
本質で似たところのあるサイレンススズカとキングヘイローは、得意の型のあるなしで、距離適性の幅に影響が出た。
戦績のムラはここではローエングリンやトウカイポイントに共通することだが、彼らも重賞2着くらいの実績はあった。

ここで初重賞勝ちした良馬場での覇者は、02年のトウカイポイント以降はなし。
これがレコード。
重賞実績のある馬ほど時計より着差が重要という結果も出ていて、GⅠ馬は特に、勝負を直線半ばでは決めてしまわないと、充実度を示すべきレースであるからか、その後は苦戦を強いられる。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方