2017年ドバイワールドC

JUST競馬予想ブログ

砂の砦を突破せよ

読了までの目安時間:約 3分

 

今年もドバイワールドCが行われる。
期待するだけ損という歴史を刻み続けてきた「ダート」で行われるこのレースの激闘記。
今年もやっぱりだめなのだろうか。

ゴールドドリームは、スケール感では一番だろう。
同期のラニと並び早くから活躍し、スタートから1角までで全ての希望を失い敗走したチャンピオンズCこそ共倒れとなったが、3歳夏以降の上昇度では、ダートもハイレベルの世代にあって、目下首位独走中である。
故に、1800M以上で安定感を欠くという盲点が、大きな死角となるのだ。
間違いなく、この馬には東京のマイルの方が合う。

母ヘヴンリーロマンスの2頭は、最近ちょっと似てきたようだ。
何を以って本格化と言えるのか、ゴールドシップ以上に見極めの難しいところのあるラニをどう捉えるべきか。
が、充実期に入り、安定して走る能力をようやく昨年から手に入れたアウォーディーもまた、弟同様、ちょっとしたことで過敏に反応するような馬になりかけている。
気性を敗因に挙げる陣営の本音は、ダメなときは大目に見てほしい・・・、といったところか。
本場のダート適性では今年の中で、すでに実績と血統傾向で有力の兄弟なのではあるが、如何せん、真面目ではないのは玉に瑕である。

意外や意外、実はとんでもなく強い可能性があるのが、アメリカン丸出しの巨漢馬・アポロケンタッキーだ。
ラングフールという種牡馬が、芝に合わない馬を出した時、それが日本でどう出るかは、正直言って、走らせてみないと分からない部分がある。
芝で勝ったことはないが、デビュー戦の京都芝内回り<外回りより時計は出やすい>において、2着ではあるが、1400Mで1:21.4という素晴らしいタイムで走っている。
ダートの長距離で安定していることを根拠に挑む舞台だが、ダンチヒ系の大型馬がより積極的に動いていけば、実は、最後の底力はスピード能力であったりする、という側面で日本馬は負けてきたので、これが隠し玉になるような気もする。

調子がいい時に出られるとは限らないGⅠレース。
海外であれば、尚のことだ。体調を崩さないでもらいたい。
アロゲートは信じられないほど強いだろうが…。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方