血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

隠し玉 日経賞と毎日杯の役目

読了までの目安時間:約 3分

 

久しく、王者が人気に応えるという日経賞を見ていない。
レースの格からして、後のGⅠ馬はこれまでも多く勝っているが、それは人気になっていたというだけのこと。
シンボリルドルフや体調が戻ったミホシンザン、マックイーン討ち直前のライスシャワーなど、関東馬がまだ強かった時代にあった圧巻の快走は、今はもう見られない。

実質GⅠ馬みたいなものだったメイショウドトウやフェノーメノを除き、イングランディーレがそうであったように、ここで輝いてしまった年は、決まって、GⅠは勝てていない。
ゼンノロブロイやマイネルキッツのように、惜しいところまで追い詰めて、いつも通りの感じで敗れるのがいいのだ。
マツリダゴッホが3着した翌年、GⅠ馬としてここを圧勝した後、きっちり勝ち切ったレースはオールカマーだけである。
ネヴァブション、トゥザグローリーのパターンはよろしくない。

対して、時に世代最強馬を送り出すのが毎日杯だ。
当時の評価はともかく、オグリキャップ、テイエムオペラオー、クロフネ、キングカメハメハ、ディープスカイ、キズナらが、このレースをきっちり勝ち切ることで、府中の大舞台を中心に輝きを放った。
タイキフォーチュンやダノンシャンティなど、高速マイルCの優勝馬もクロフネを含め、複数の輩出があったものの、実際のところはイレギュラーな存在。
あくまでもクラシック最終便の阪神発版なのである。

負けて大成する馬は、ウインクリューガーが例外で、タイキブリザード、シルクジャスティス、ルーラーシップなど、一定の熟成期間とGⅠでの悔しい2着を経て、大きなタイトルを獲得するという流れ。
ここを勝たないことには、少なくとも、アジアを脱することはできない。

この2つのレースは、あまりその中身を変えることなく、長く3月末の名物競走として定着してきた。
これらに共通する「ジョーカー探し」のキャラクターが、本流組を大いに刺激する才能の輩出に繋がっている。
今年の候補は、レインボーラインであり、サトノアーサー、クリアザトラックといった辺りが有力。
好走し、かつその中身の濃さが重要だ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方