競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

攻撃的にいこう

読了までの目安時間:約 3分

 

ヴィブロスの分析が、今後の国外芝GⅠであり、また難攻不落のダートタイトル奪取のいい見本となる気がする。
小型馬、日本の関係者にはあまりいい思い出のない雨というキーファクターにより、国内の支持も今一つであったが、本当に苦しんだのは他国の軽い馬場を追い求めた方で、痛みの激しい梅雨末期の中京で圧勝経験のあるヴィブロスに、実は死角は少なかったのであろう。

実績は事実上のローカルGⅠのワンタイトルのみで、わずかに3勝しただけのいわば格下馬。
その程度という括りでは、ダート2戦目でワールドC2着のトゥザヴィクトリー女史も過去にいる。

そういうことか。
果敢に逃げたトゥザヴィクトリーと作戦通りに追い込み競馬に徹したヴィブロス。
評価はともかく、大胆に策を変えるくらいのことをしないといけないのかもしれない。
エピカリスのように、行ってどこまでもの型が合う馬もいる。完成すれば、それでもいけるかもしれないが、日本のダート馬は、スピードもスタミナも国際GⅠレベルではないケースが多い。

過去の敗者には、ブエナビスタやエピファネイアといった期待通りには走らなかった馬もいる。
が、そのレース内容や挑戦意欲に中身がなかったわけではない。
ハーツクライやその仔ジャスタウェイに適性があったように、そうではない馬も沢山いる。
凱旋門賞やBCクラシックのように、自信がなければ挑めないレースとも違うドバイミーティングは、計算できる範囲でできるだけ派手な作戦の組み立てが重要になるかもしれない。

ダートで逃げられる馬は限られるし、逃げるのがいいけど下げることで可能性も見出せる中距離型でないとまず通用しない。
芝は日本馬のスピードで勝負できる。
案外、サウンズオブアースはダートでは違った可能性もあるし、ドバイターフでもう一度走り直すことができれば、まさかの3勝目もあり得る。
差し馬は無理をしなければ、前でも後ろからでもいいという芝での実績があるから、意欲がある馬、違う適性に魅力を感じる馬は、国内に止まるべきではないだろう。
賞金は高い。
走らせ方について、今年のドバイの経験は大きな財産となったように思う。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方