ソウルスターリング

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ダンスインザムードと違うこと

読了までの目安時間:約 3分

 

1800Mの経験、及びその勝利記録。
また、一貫して重賞では牝馬戦を使われるが、その後も見据えて、最初は男馬との混合戦に臨み、しっかりとクリアしている点。
父も母も有名馬であり、名繁殖であることが証明済みいうことでも、今年のクラシックの主役・ソウルスターリングとかつての厩舎のトップホースであったダンスインザムードとの共通点は、意外なほど多い。

桜花賞馬はオークスという高い壁に跳ね返されたダメージというあるあるのこじつけで、厩舎の先輩の方の不振が片づけられてしまうところもあるが、本当は負け方を知らなかったということの方が重要だったのではないだろうか。
不敗では距離の壁も苦手が事もよくわからないまま、死のステージに歩を進めねばならないケースも多い。

ソウルスターリングは、ダンスと違って東京の1800のオープンで、後の重賞馬を完封している。
そもそも、マイルで負けていれば、オークス一本のローテも考えていたことだろう。
が、ダンスはダンスインザダークの妹ということもあって、距離の壁はないとされていた。
穴党はそこをついて、オークスの穴狙いに走ったのだろうが、筆者はまんまと一枚食わされた。

ソウルスターリングは、3歳時は走りすぎる馬であったフランケルの仔。
一見すると万能血統でも、マイルのリズム、それもハードな流れに対する適応力で、ここまで勝ち星を重ねてきたのである。
桜花賞が初遠征であったことが、ハードローテと相まって、オークス凡走の理由に繋がったのであれば、ソウルスターリングの死角はJF快走にあるはずだ。
普通は止まる流れを正攻法で抜け出し。チューリップ賞など死角のあるレースではなく、楽勝だった。
桜花賞もアドヴァンテージで勝てるという流れで、どう解釈すればオークスを勝てるという根拠を生み出せるのかというほど、マイル型に傾倒しつつある。

しかし、絶対能力というのも重要で、スピードという武器で勝負できる以上、ダービーという禁断の果実を手にしようとしない限り、春の航海に大波が立つことはなさそうである。
その上、快速馬という印象がない。血統以外の魅力が多い馬だからだろう。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方