競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

キタサンブラックのゴール

読了までの目安時間:約 3分

 

キタサンブラックが休んで強くなったというより、ライバルになるだろうと目された海外レース参戦組のGⅠ馬2頭の不体裁の方が、実はショッキングであったという印象の大阪杯。
王者に挑むという構図が、自分たちは既に叩き台を経ている点でも有利さはあったにも拘らず、キタサンブラックの良さがいつも通りに出てしまったのでは、全く以って立つ瀬がない。至極残念である。

ブラック陣営としては、ジャパンC楽勝の時点で、春天連覇を第一目標とした凱旋門賞獲りに焦点は絞られていた。
狙わずしても…、というのが大阪杯の結果目標であったから、勝つことの意味はもちろんのこと、最大の関心事は昨年くらいのパフォーマンスが今年も出せるかどうかという観点で、それほど驚きの勝利という印象は誰も抱かなかったように思う。
それが皆の共通認識であるから、尚素晴らしいのだ。

その意味では、残る春2戦も勝ちには行くものの、余裕を感じさせる内容の方が重要になってくる。
1年前は本番では競り弱いアンビシャスにも負けていた。
今年は王者に相応しい勝ち方。
ならば、強いライバルにここまで競り負けてきたブラックには、意外や意外、叩き合いでの危うさが見え隠れするのだ。

それはここまで騎乗してきた歴代の名手たちも、何となく感じ取っていたはずだ。
速すぎず遅すぎずのリズムが完璧であったジャパンCを頂点に、少なくとも、互いのリズムを崩し合う中長距離戦らしい展開で勝ち負けを分けたポイントがそれと分かった以上、逃げの解禁のポイントが重要。
本番でどうしたいのか。はたまた、国内ではどう勝つのが理想なのか。
この馬を策に拘る馬と勘違いしている人も多いが、相手のリズムに持ち込ませなければ、ペースは関係ないので、競り込ませない展開を自ら作ることを、彼のリズムと主戦は考えてきたように思う。

行くには行くだけのリスクがある。
国内で抑える競馬をさせるくらいで、ロンシャンでは理想の逃げが可能だろう。
エリシオの再現は、国内での惜敗に伏線ありだ。
スピード型として挑むのでは、参戦意義はない。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方