血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

芽吹いた才能

読了までの目安時間:約 3分

 


ちょうど一年前。
一介の障害オープン馬が、断然人気の無冠の帝王をGⅠで負かしてしまうという有り得ない光景を、我々は目撃した。

サナシオンに恐れをなして、頭数もそうだが、かなり低調な組み合わせとなった中山グランドジャンプは、彼にとっての独壇場になるはずだった。
しかし、中山にはかなりの苦手意識があったサナシオン。
前哨戦までは難なくクリアできても、大竹柵や大いけ垣のあるGⅠになると、自慢の快速が鈍る傾向は、皆が理解していた。

2番人気に推されたのは、中山では未勝利ながら、前走の平場オープン2着の内容を買われたオジュウチョウサン。
いくら相手がいないからといって、バンケットを何度も上り下りするタフなコース設定で、今回もサナシオンは音を上げてしまうのではないかという6.5倍の支持であった。
が、終始好位につけ、勝負所でのプレッシャーの掛け方も絶妙だった石神深一騎手の見事なアシストに応えたオジュウチョウサンは、ゴール前には3馬身以上の差をつけ、新王者として名を世に知られる存在にまで成り上がった。

以後、
東京ジャンプS①
東京ハイジャンプ①
中山大障害①
阪神スプリングジャンプ①
と、軒並み主要競走を人気に違わぬ内容で、連戦連勝である。
1年前までは、大障害でアップトゥデイトに4.3秒離されるような存在であったのに、昨年末対戦した際は、それにほぼ大差となる1.5秒をつける圧勝。

ステイゴールドの成長力は知られるところだが、時たま現れる「彗星の如く現れた」と評するに相応しいこの才能は、自分の庭で己を取り戻すようにオジュウチョウサンに食い下がったかつてのNo.1ホースアップトゥデイトと、真の意味での天王山決戦を、土曜日に迎えることになる。

思えば、皐月賞の前日の中山というのは、距離の壁にぶつかった残念クラシック組がスピード勝負での争いに未来を託すクリスタルCが行われる日だった。
そこでサクラバクシンオーが一流のスピード馬を目指すきっかけとなった開催日という奇妙なリンクにこそ、スペシャリストの流儀が隠されているのかもしれない。
過去は過去。
勝てば官軍。もう未来しか見ない男を阻むものなど何もない。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を掲載しました。
(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方