競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ

晩成血統に夢を託して

読了までの目安時間:約 3分

 

開催替わりの東京、京都では、GⅠの谷間にGⅡ戦が行われる。
はっきりと黄金ローテが確立されている中で、必ずしもトライアルになっていない部分のあるフローラSと、特段決まった路線があるわけでないにせよ、GⅠ前哨戦として機能しているわけではないマイラーズCは、実に鄙びた中央場所では浮いた存在のレースである。

マイラーズCというレースは、マイルカテゴリーの別路線扱いになるような高速決着が多い影響で、本番で出番のありそうな完成されたマイラーはなかなか勝てない。
カンパニーは7歳の時は勝ったが、GⅠを勝った8歳時はスーパーホーネットにキレ負けだった。
4、5歳時に勝ち切れなかったダノンシャークは、マイラーズCを回避した年に、マイルCSをレコード勝ちしている。

カンパニーには父トニービンのみならず、母がノーザンテースト×クラフティプロスペクターという配合で、早々はへこたれるような配合ではなかった。
ダノンシャークも母母父シャーリーハイツの影響か、オープンに上がって1年以上してからの重賞勝ちから、更にもう一巡り半季節を経てからのタイトル奪取。
A級血統の底辺部に属する彼らは、安田記念の格には適わずとも、マイルCSを勝ち切る経験値を蓄えていったのではないだろうか。

日本の良血馬で母方にネヴァーベンドが入っていると、ほぼ決まって、3歳秋以降でないとGⅠでは通用しないのだが、オークスだけは特別。
直系のミルジョージ産駒であるエイシンサニーやブレイヴェストローマン産駒のマックスビューティが快勝したレースが鮮烈。
直系は少ないが、母父系に持つエリモエクセルやスマイルトゥモローなども劇的な勝ち方をした。
ミルリーフのクロスを持つサンテミリオンは、フローラSレコード勝ちで、オークスもアパパネとの雨中の激闘で同着優勝している。

ヌレイエフのきついクロスを掛けられた母を持つデニムアンドルビーもそう。
ブラックホークやキングマンボの母ミエスクなど、ずっと走っているイメージがあるのが、その直仔の特徴であった。
まだ走っているデニムは、フローラS勝ち馬の呪縛から解き放たれる可能性を未だ秘めている。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧