キタサンブラック、サトノダイヤモンドの今後

JUST競馬予想ブログ

こうじゃない

読了までの目安時間:約 3分

 


秋の洋行を心待ちにしているファン、関係者の期待というか希望に応えることが、勝手知ったる春の天皇賞でもできたのなら、それを実行する根拠となる段取りが整ったと胸を張れるキタサンブラックは、有馬記念で死闘を演じた2頭を相手に、完璧な先行押し切りで圧倒した。

人気2頭は目指すべきものが共通しているから、春の狙いは決まっていた。
宝塚を目指すか、春天も使うか、勝ちに拘るか。
秋にGⅠを何度も使っていた馬が、また秋の大レースを勝ちに行くのだから、今無理はさせられない。

時を経て、体の芯ができることでよりハードな調教を課すことできるようになり、秘めたる潜在能力が現在全開状態のキタサンブラックは、元より体が大きい影響もあり、それほど使い込むことに向かない性質を持っている。
春天の時計は、その完成形を示す最高の舞台となった。

行くとするなら、宝塚記念を好走した上で、日本勢がよくやる直行のパターンが望ましいとしているのであろう。
ある意味、ローテの組み方は作為的である。
肉体的な消耗というより、精神面の回復に一定の期間が必要だから、宝塚かフォア賞1戦しか挟めないか。

サトノダイヤモンドは2400M以上のレースを4連勝し、人気になって春天を使われた。
結果、きれいな競馬を好む人馬には耐えられない競馬で3着。
消えなかっただけ御の字だ。

秋を展望する上で、事実上消滅したメトロポリタンSから宝塚記念に直行したナカヤマフェスタの成功例は、やはり見逃せない。
高齢ながら完成期に挑んだタップダンスシチーもそう。
チューニングを変えないといけない春天を、楽に勝てる相手だけが集まっていればいいが<ディープインパクトのみ例外という意>、多頭数で消耗戦を戦う高速決着の長距離GⅠに狙いをつけること自体、競馬サークルのガラパゴス化が顕著にあることの証拠である。

フランスの関係者さえ、ロンシャンの2400Mは特異という認識でいる。
ドバイに行って、それからどうやって馬を作っていくのか。
関東馬ではないが、飛行機での移動の経験は0と1以上では、雲泥の差である。
また決め手比べではないから、手ぬるいくらいの調教に慣らすことも大切だ。さて。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方