血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

智の結晶

読了までの目安時間:約 3分

 

天皇賞が終わり、春のGⅠ戦線は最盛期にして、折り返し地点を迎えた。
そんな中、谷間重賞の開催のみだった2回東京、3回京都開幕週では、地味ながら、滋味深くもある面白い3戦が展開された。

想定よりもずっと速い流れであった福島牝馬Sは、デンコウアンジュに乗った秋山騎手の大胆な捲りから、先行残りを目論んだクロコスミアとの併せ馬で、直線入口まで進行。
その後、小回り独特の差し脚勝負に展開し、最も仕掛けを遅らせたスプリント重賞勝ち馬のウキヨノカゼが、ゴール前に前をまとめて捉えきった。
ローカルに拠点を置く吉田隼人騎手は、お手馬のゴールドアクターとのコンビが事実上解消された中、プライドを示した。
武豊も戸崎も、福島では同格なのだ、と。

中央場所の2戦は、道中の強かなコース選択が絶妙であった。
外枠から機を見るに敏で、スロー見え見えで内目を通らないと勝ち目がないとロスのない競馬を心掛けたルメール騎手のアシストが、皐月賞以降ほとんど凡走なしも重賞すら勝ち切れないイスラボニータの本能を引き出した。
蛯名騎手の時も、まさかの出遅れからイン強襲で3着というマイルCSがあったが、勝つ時は意外と、インからスムーズに抜け出す形が合うようだ。

一方、同じくキレないと思われていた穴馬のモズカッチャンが、スローの前残りの馬場で、ゴール前強襲の意外な形で初重賞制覇を成し遂げたフローラSは、さすがにもうシャーと叫んでいられないベテラン・和田騎手の的確な判断が光った。

ゴール板通過後、己に酔うかのように喜びを表した姿は、オペラオーの相棒という重責を担っていた時とあまり変わっていないように見えて、彼が引退後、芝の重賞で1番人気に応えて勝利したのはただの2度しかない穴男ぶりを発揮したりと、味わいのある騎手へと成長したのである。

変則開催の日経新春杯を人気で勝った後、今度はテイエムオペラオーのジャパンC以来となる東京の重賞を12番人気で制した和田騎手は、いつもブレないファイターらしい本質はそのままに、勝負師としての円熟期を迎えようとしている。
同期の華・福永騎手もうかうかしていられない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方