血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

東京ひと回りとディープ

読了までの目安時間:約 3分

 

元より、偏りが出やすい時とそうではない時がある牝馬クラシックの血統傾向だが、ディープインパクトが桜花賞を勝てなくなってから、今度は2年続けてオークスを勝っている。
ノーザンダンサー系の母父を持ち、マイルに特筆すべき持ち時計のある2頭が勝っているオークスでの結果は、接戦に強かったジェンティルドンナが唯一大勝したこのレースの内容とは、一線を画すところがある。

実は、自身がダービー圧勝の記録を残しながら、産駒の3勝は全て小差でのものという点とリンクしているのだ。
それぞれがリヴァーマン直仔のルーソヴァージュ、ストームキャット、フレンチデピュティといった、マイルから2000M辺りに向く中距離血統で、2400Mはむしろ適性外という傾向の肌を持つ産駒だから、ディープ産駒で本当にこの条件に合っている馬がいなかったという可能性がある。

その後、現役を続けた2頭は、フランスのニエル賞を勝っているが、本番はおろか、以降はどこにいっても不発続き。

今はダービーの余韻を味わえなくなったと、誰も言わなくなった目黒記念では、ディープ産駒の1番人気馬は3頭とも馬券に絡んでいる。
ダンスパートナー一族でリファールが母父のスマートロビンに、エリシオやエルコンドルパサーを持つ2頭がここ2年で好走。

坂の上り下りでいうと、京都の6つのコーナーを回る長距離GⅠのそれと似たようなところのあるタフな争いで、しかも時計も求められる条件。

ただ、2400Mと本質的な部分で問われる適性に差はないから、ダービー、オークスに出走権のあるディープ産駒には、もしかすると苦手な条件なのかもしれない。
決め手比べになったところで、その過程には我慢比べのスローの道中がある。
スピード能力で勝負したいディープ産駒には、その展開はあまり歓迎ではないのだろう。
マカヒキだって、ほぼ正攻法の中団内目からの抜け出しであった。
キレで制したキズナとて、エイシンフラッシュの一瞬のキレには到底及ばない上がりの数字だったから、ディープらしくないところもある。
今後はもう、皐月賞の方が庭になるはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方