血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

華と鼻

読了までの目安時間:約 3分

 

10 アパパネ=サンテミリオン
稍重 2:29.9

09 ブエナビスタ-レッドディザイア
2:26.1

07 ローブデコルテ-ベッラレイア
2:25.3

99 ウメノファイバー-トゥザヴィクトリー
2:26.9

91 イソノルーブル-シスタートウショウ
2:27.8

この前が5頭一団でゴール前の大接戦を演じた83年、伝説のダイナカールのオークスだ。
平成に入ってから、やたらと鼻差の決着が多いオークスは、そのほとんどがハイレベル決着となり、名勝負の数え歌を紡いできた。

鼻どころか、その先をピタリと合わせてゴールした雨中決戦の同着オークスは、その昔の帝王賞でも同着優勝を経験していた蛯名&横山典両ベテランが、まさかのデジャヴで再び仲良く優勝セレモニーに参加するという、有り得ないシーンが展開されていた。
以後の馬の活躍は、びっくりするほど差がついてしまったが、名手二人はこの後、数々の名勝負を演出していった。

蛯名騎手と言えば、直線勝負でトゥザヴィクトリーをねじ伏せたウメノファイバーもそう。
オークス男だと胸を張って言い切った、ローブデコルテの福永騎手もいる。
牝馬タイトルで2、3着の多い四位騎手は、念願の桜花賞制覇から怒涛の勢いで勝ちまくった安藤騎手相手に、曰く、うまく行き過ぎたレッドディザイアで苦杯を舐めている。

それを管理した松永調教師は、桜のお返しを勝ち馬を鼻差封じたオークスで果たすのだった。
ナリタトップロード&ベッラレイアの悲運の1番人気2着コネクションには、ベガ、スティルインラブといった勝者の血筋に敵わないという、あまりにも残酷なブラッドストーリーの因縁をレース史に刻み込んだ。

大レースだけに、その年ごとに必ずドラマが誕生するわけだが、人気のあった方がその後も活躍するというのが、いつの時代にも共通する大きな流れとなっている。
5歳秋にようやくGⅠを勝てたトゥザヴィクトリーを除き、この厳しい戦いを人気を背負って勝ち切ったブエナビスタだけが、コンスタントにGⅠを勝てたように、エアグルーヴやメジロドーベル、ジェンティルドンナのような勝ち方をしないと、やはり消耗してしまうのも、華のあるレースならではの傾向と言えよう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方