2017年 牝馬クラシック春総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

牝馬クラシック春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

NHKマイルCは牝馬のワンツー。
牡馬路線は総じて、本番はハイレベルの決着になったが、牝馬路線は一貫して、スピード能力の高さをベースとした高水準のレース展開がなされたせいで、結果に不満の出るようなレースはほとんどなかった。
あれだけ平凡と揶揄されていたフローラSの勝ち馬は、本来の力を発揮した2歳女王に唯一食い下がった挑戦者となった。
秘めたる能力の差は大きくても、各々の個性が際立つ、実に見どころの多い競馬であり、波乱が多かった割に、損した気分になった人はあまり多くなかったように思う。

桜花賞は土日の馬場質の変化が、大きく結果に影響を及ぼすこととなった。
明らかな雨馬場であった前日は、GⅠ馬と後のGⅠ馬のワンツー。
しかし、回復途中ながら、この季節独特の急坂コースのタフさと相まって、純粋な能力だけを要求されるレースにはならなかった。
だからこそ、JF3着で能力のある所を示していたレーヌミノルには、単純な底力勝負ではない舞台でのスピード比べへの対応力が秘められていたと言える。

一方、前半で自分の競馬をできないと悟った鞍上が直線勝負に賭けた5着アエロリットは、中途半端な人気ながら能力を評価されたマイルCで、今までで最高のスタートを決めた後、リードホース・ボンセルヴィーソの能力を引きたてる追走から、直線は独壇場に持ち込んだ。
まるで、桜花賞でやりたかったことをレーヌミノルがやりきったことを、得意の東京で見せたような競馬だった。

血統的な問題より、あまりに順調に事が運びすぎていたがために、負けることによる消耗の低減という恩恵を受けられず敗れた印象のソウルスターリングは、終始自分らしい上手な競馬で、東京2400Mでは力の違いを見せた。
速く走ることを強いられる日本の牝馬路線だから、それに上手に対応してきたわけだが、フランスではともかく、ドイツに縁の深い血脈の成せる業なのか、オークスでのレース内容は、ほぼ完璧な道中の運びから、直線では少し遊んでいるような感じでの走りで完勝であった。

すでに下げることでも一定の結果が残せている3頭に、故障以外の敵は今のところ見当たらない。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方