血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

仮分類法

読了までの目安時間:約 3分

 

アエロリット
ND<ヴァイスリージェント>・フェアW×ヘイロー<父SS>×ND<ヌレイエフ>

レーヌミノル
ヘイロー<父SS>・ND<ノーザンテースト>×ヘイロー<非SS>×BR

ソウルスターリング
ND<サドラーズウェルズ>・ND<ダンチヒ>×SF×ナスルーラ<ネヴァーベンド>

牝馬戦線の勝者はどれも正攻法であり、時計もまずまず優秀だった。
今回は、彼女たちの血統構成に関して、概略した形でそのハイパフォーマンスの根拠となったポイントを探ることにした。
どの馬もノーザンダンサーのクロスを持つスピード型の可能性を秘めた配合だったのだが、五万といるそれを捉えた解剖は時間の無駄だ。

焦点は、ヘイローのあるなし、或いはその入り方に拘わらず、マイルの主要競走を勝っているという戦績であろう。
父親の系統がまるで違うようで、1600ベースで2000Mにも対応した名馬という点は共通。

そして、日本のクラシックおける9割以上の勝者に共通するヘイロー・ノーザンダンサーの従兄弟同士どちらかの直系であるから、その特に重要なラインを形成する<サンデー系>・<芝向き(欧州血統)>を、日本の芝主要系統とするならば、そちらの方を◎、他方を○とした場合、
アエロリット→○-◎◎
レーヌミノル→◎◎〇-
ソウルスターリング→◎◎--

更に、ネアルコ・ネイティヴダンサーなどを含めたファラリス系を△、その他を×とし、3、2、1、0と良血度合いを数値化した場合、同順で、
○△◎◎→9
◎◎○△→9
◎◎×△→7
と、結果に対する相関関係が判然とするような差異が生じた。

1分33秒台の決着となったGⅠが一つもないので、9の二者が即マイラーとは断言できない。
また、二冠のパフォーマンスが酷似する◎◎◎◎→12のジェンティルドンナとソウルには、マイルのタイトルを得るために条件が狭まる傾向が出た一方で、その他の距離における柔軟性は◎◎◎△→9ハープスターではなく、◎△◎×→7ダイワスカーレットと共通するから、ソウルスターリングの距離延長の躍動は、ほぼ確約されていたと言える。
血統の特徴と大雑把な分類によって、適性の区分がしやすくなることがわかった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方