2017年 牡馬クラシック春総括

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック春総括

読了までの目安時間:約 3分

 


荒れたり荒れなかったり。
皐月賞の前までは、連続して重賞で好走することも珍しいという状況だった。

直線の瞬発力勝負に向く馬が上位独占となったダービーは、3着以内全ての馬に東京で勝ち星があったし、第一、期待がそのまま結果に表れたレース。
見た目も派手で、詰まる所、今年のベストバウトに挙げられる名勝負という結末であった。
一方、内容的にはより高い評価をされた皐月賞は、展開の割に全体の時計が速くなり、コースタイレコードの決着。
0.1秒前年のタイムを上回ると共に、今までずっと縁のなかった皐月賞をディープ産駒が連覇した点でも、一連のトライアル群が低評価だった部分を別路線組が補完したので、内容がついてきたということだ。

しかし…。
どうもヘンテコな気もしないではない。
超スローのダービーが人気上位馬独占。
皐月賞の淀みない展開で、高速馬場を制したのは裏路線組だ。

その原因は、前に行けないという各々の欠点にあったように思う。
結果として、ダービーで驚異的な脚の使い方をしたレイデオロと、その能力を遺憾なく発揮させたルメール騎手の手腕を大きく評価されることになったわけだが、総合力勝負となったダービーは、彼らが動いたことで隠された「アンバランスな能力値」という課題が、夏の宿題となる原因を生む副作用をもたらした。

元来スピード型と期待された池江厩舎の阪神外回り重賞ウイナー2頭は、もっと積極的に動ければダービーのレース展開そのものを変えられたかもしれないが、よく乗り替わる2頭は、調教師の柔軟な対応の裏目として、主戦一貫騎乗の2頭に主導権を奪われてしまった。
同時に、動く動かないのテーマは、動けるか動けないかの馬の柔軟性に収束するようなダービーだったので、アドミラブルはイレ込み気味だった点を考慮すれば、異様な展開で3着は上々。
カデナや皐月賞上位組、それなりの評価を受けたサトノアーサーなどは、明らかにパワーが不足していた印象が残った。

夢か幻か、驚きの決着が続いた皐月賞とダービーは、人気に推された馬にしかその後の出世が見込めないというジンクスがある。
上がり馬の質によっては…。変化を期待したい。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方