血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

遅い時は速い血統

読了までの目安時間:約 3分

 

ヘイロークロスのダービー馬は、サンデーの孫世代が活躍するここ10年で、実に3頭登場している。
09 ロジユニヴァース<3×5>
14 ワンアンドオンリー<3×4>
16 マカヒキ<3×5>

昨年は3×5×4のサトノダイヤモンドがマカヒキに際どく迫り、その後は菊花賞と有馬記念をジャック。
距離延長に意外なほど適性を示すヘイロークロスを持つ馬は、高速決着となった阪神大賞典・天皇賞(春)でも、シュヴァルグラン<3×4×5>ともども、連続して好走するのであった。

一方、今年のダービーではミスプロクロスを持つレイデオロが、非サンデー系で唯一クラシックディスタンスでも通用するキングマンボ系のプライドを示し、意外な展開を自ら作って、押し切って見せた。
これが3×4のスピード配合。
サンデーサイレンスが入っている馬が6年連続で勝ってきたのだが、メイショウサムソン、ウオッカらフロリースカップ系の馬を除くと、ここ15年で13回はどちらかの系統の馬が勝っており、完全に数の多さが結果に直接的な影響を与えているという偏在の傾向が顕著となっている。

また、今年のように平凡な時計になった時に、直系にクロスの入った馬が出番をモノにしているのである。
ロジユニヴァース 2:33.7<レコード比プラス10.4秒>
ワンアンドオンリー 2:24.6< 〃 1.3秒>
マカヒキ 2:24.0< 〃 0.8秒>
レイデオロ 2:26.9< 〃 3.7秒>

時計がレコードと1秒以上は離れているケースは、フロリース2頭、キングマンボ系、ステイゴールドなど、特殊な傾向を示した特別な才能が多く勝利していて、この点からも、普通のダービーになったら、サンデー系じゃないとどうにもならないということがよく表れている。
遅いと全体のレベルが低下してしまうから、出走各馬に余力が残る一方で、上位組の停滞はハイレベル決着と同じ傾向が出ている。
今年は26秒台の決着はエイシンフラッシュと時と同じだが、02年と08年はレベルが雲泥の差で、古馬と当たった時の結果に、答えを求めるしかないだろう。
今のところ、苦戦必至とみるが。
まだ運だけで勝敗が決まっているようなところがある。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方