2017年春 ダート戦線総括

JUST競馬予想ブログ

ダート戦線春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

川崎記念はオールブラッシュの逃げ切り勝ち。

春のルメール祭りの前祝いのような展開であったが、人気のサウンドトゥルーが左回りは得意でも、そうそう小回りコースでは頭までは来ないという死角も大きかった。

例によって自分のやりたいようにできる船橋マイルのコパノリッキーは、ゆっくり出して、完全に差す形に徹しても圧勝だった。

天皇賞で勝負のポイントを見誤らなかった武豊騎手の騎乗技術は言うまでもないが、これは馬の力もあったように思う。

出てくれば勝てる舞台を外さない強さ。

川崎記念三連覇のライバル・ホッコータルマエに学ぶことはあまりにも多かった。

パサパサ馬場で、馬群が固まってくれれば尚いい、安定タイプの徹底追い込み型・カフジテイクが、陣営悲願の初タイトルを目指して戦ったフェブラリーSは、やんちゃにして勝負師のゴールドドリーム&デムーロの底力が違った。

戸崎&ベストウォーリアといういかにもの安定勢力とは異なり、直線で真っすぐ走れなくても、自分が自信をもって戦える時には、誰にも負けないパワーを発揮する。

ゴールドアリュール産駒というのは、ダートを走る馬がほとんどなのだが、柔軟に相手に合わせて力を調節するような競馬は得意としない。

だから、当たりの時に芯を食らった走りをすると、恐ろしく勝負強いのである。

ドバイは大挙4頭出走も、アロゲートでさえまともなレースをできなかった異様な展開。

アウォーディー5着を素直に評価したい。

そのアウォーディー率いるドバイ組が、弟以外皆出てきた帝王賞は、例年通りの道悪競馬に。

実力馬が先行し、有力馬も好位につけたのだが、唯一説明不能の出遅れ巻き返しがまさかの成功に終わったケイティブレイブに凱歌が上がる、かなりの波乱の決着で皆びっくり。

今年のようにフルゲートになる年もあるが、これも珍しく、地方馬は中央馬に1頭も先着していないわけで…。

これで結果が読み通りだった人は、今競馬を見るのがこの上なく楽しいことだろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方