血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

速力の限界

読了までの目安時間:約 3分

 

ダート血統の件の続きにはなるのだが、この夏の傾向は、ちょっと変というか妙である。
北海道2場で行われた重賞が、開幕週であること以上に高速化していたせいで、共にクロフネ産駒が快時計を叩き出した。
それも3歳の牝馬。
可能性により大きなものがあった馬に有利な馬場だったのだろう。

一方、七夕賞、函館記念、小倉記念はそれぞれ共通して、ディープ×BT、メイショウサムソン、マーベラスサンデーという何とも捉えどころのない血統の馬が勝利。
でも、レベルが低いどころか、その他注目の良血馬を差し置いて、文句なしの内容だったからこれまたびっくり。
七夕賞も小倉記念も、良馬場でこのレベルの時計なら納得というレベルで、馬鹿っ速い時計が出る場面ではさすがに出番はなかったのかもしれないが、独立したレースという観点では十分にその格に相応しいものがあった。

血統や実績などというものは、所詮は判断材料の一つであり、意外と信用ならないものだと証明するが如く、梅雨時に暑くなって、東日本はぐずつく日が増えたりという変な天気に呼応するかのようなこの結果には、ある程度の関連性はあるのだろうと思う。
常識の変化がリンクしている。

苦しさを経験した馬は、2歳戦でも古馬の重賞でも、最後は勝ち負けのポイントになるもの。
サンマルティンが逃げ馬で、マルターズアポジーが差し馬だったら…、きっと結果は同じだろう。
時計が速くなっているのに対応できないということは、速くはないとも言えるわけだ。

少なくとも互角のスピード能力があれば、函館の重馬場でタマモベストプレイがルミナスウォリアーに完敗ということはなかったはずだが、長めの距離実績があったもの同士で最後は競ったのだから、フジキセキはメイショウサムソンに屈服させられたことになる。
謎の凡戦となった札幌記念のキンカメ×SSワンツーには驚かされたが、脚の使いどころの難しさそのものが結果に反映されたのは事実。
有力馬には距離適性の幅がある分、対応可能が展開に限界があり、穴馬にそこを突かれてしまったのは、ある意味、レースの格が機能した証なのではないか。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :    

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方