血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

札幌2歳Sの勘所

読了までの目安時間:約 2分

 

色々ケチの付くことも増えた北海道戦を締める札幌2歳Sは、ここ10年で6度GⅠ馬が参戦していたレースと考えると、波乱傾向がやや顕著になってきた近年の流れに惑わされる必要など全くないように思う。

1800Mの新馬戦を勝ってきた馬は、ゴールドシップがコスモス賞を勝ってここに挑んできた以外、近年全く北海道組だと見どころがないのだが、ロジユニヴァース、アヴェンチュラ、レッドリヴェールなどの阪神から一息入れて使ってきた人気馬や、結果的にここではスピード寄りで3着止まりに終わったレッツゴードンキなど、少なくとも瞬発力やスピード能力の一端を示すことがすでにできていれば、この舞台を見事にステップのためのレースとして使える。

ただ、ここまで1800未経験だったロゴタイプが逃げて4着した以外、昨年のトラストを筆頭に、先行型の出世が極めて難しい状況だ。
ある意味、競馬のセオリーに則った傾向で、変に先行するのが巧い騎手が乗ってくると、いいリズムをその後に繋げられなくなる可能性がある。

新馬戦や初勝利の時と作戦変更するのは当たり前の2歳戦だけに、前走の結果をここ以降の戦法と直結させるのは難しい。
ただ、ここで出番があった馬はその後も小回りが得意であったり、高速決着を好まない傾向を示すのはほぼ間違いないので、アメリカ型の配合よりも欧州配合の馬から当たりをつけていくのが、札幌2歳Sを見るポイントになる。

函館、札幌で4日分の開催が削られた影響で、札幌戦オンリーの馬が新馬勝ちの馬のみになったのが波乱の原因だろう。
でも、タイトなローテを嫌う有力厩舎が増えたのも、穴狙い可能の傾向を後押ししているように感じる。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :   

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方