2017年2歳馬選定

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳馬選定<~小倉2歳S・2歳重賞総括>

読了までの目安時間:約 3分

 

新潟2歳S
それなりに期待された左回り快勝組は、マイルを無難に先行して押し切ったフロンティアと1400組では出色の内容で初勝利を挙げていたコーディエライトが目立ったくらいで、結局、いつもの豪脚が見られる新潟戦にならず。
ただ、上位入線の3頭が前の方で鋭い決め手を発揮したから、これが力関係の通りなのかもしれない。

札幌2歳S
キレるわけではないと証明した関東馬の2頭、特に、よりローテがハードに映った牝馬のロックディスタウンのパワーは、中距離の底力勝負でフルに発揮されることがこれで判然とした。
姉よりパワーがあり、叔父より器用さを早く身につけた彼女は、ファストアプローチと共に、今後は時計勝負への対応力を求められることになる。
今年くらいの東京の馬場なら対応可能だろう。

小倉2歳S
モズスーパーフレアが案外淡白だったのと、アサクサゲンキの武豊騎手が外枠と馬のキャリアを活かした攻めの騎乗が光った点が、主な概要。
しかし、1:09.1ではなあ。カシアスとはスケール感が違う。

オープン特別
ダリア賞 タイセイプライド<Bランク>
コスモス賞 ステルヴィオ<A’ランク>
フェニックス賞 ゴールドクイーン<Cランク>
クローバー賞 ①(ダブルシャープ)-②タワーオブロンドン<A’ランク>
ひまわり賞 レグルドール<Bランク>
すずらん賞 ①(リュウノユキナ)-②モルトアレグロ<Bランク>

北海道の注目2戦は、ダブルシャープの札幌2歳S好走でスケール感も見えてくるが、自分の形に持ち込めていたかまではよくわからない部分がある。
新潟のタイセイは完全に自分だけが強い状況で、ただ回ってきただけだから、これも追い込まれた時はどうだろうか。

最終週の土曜日は、2000Mの未勝利戦から興味深い才能が登場した。
札幌2歳S快勝のロックディスタウンに新馬で敗れたシャルドネゴールドが小倉で、ウオッカの仔が人気敗れた新馬で4着だったオウケンムーンが圧勝した新潟戦。
小回りでの結果は過大評価禁物も、重厚な配合で、タフな展開では侮れない。
札幌のマイハートビートも楽勝だったが、時計が遅すぎて評価不能。

 

タグ :        

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方