競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

物語の主役を作れ

読了までの目安時間:約 3分

 

夏は波乱の連続で、次世代のヒーローがどう生み出されていくのかという興味がドンドン薄れていく結果となった。
そんな夏物語も終わり、何とも言えない雰囲気の予測不可能な季節が始まった。

主役候補はいても、堂々の主役はいない秋。
取っ掛かりはスプリンターズSと凱旋門賞、例年の豪華メンバーに別料金の船盛りがじゃんじゃんテーブルの上に乗っかっているような雰囲気になりそうな毎日王冠組が現状の不満を抑え込んでくれる、その希望であることは確かなのだが、ビッグアーサーはぶっつけ、シルバーステートは故障で…。

船頭のいない船は、言わずもがな落馬して騎手を失った斤量幾ばくも無いサラブレッドと同じで、どっちに行くのかも定まらない。
新たな可能性を感じさせる古馬はいるのか。
札幌記念も宝塚記念も期待と大きくかけ離れた結果になったために、元々混戦模様の日本競馬界は、どこもかしこもヒーロー、ヒロインを渇望する状況にある。
菊花賞で牝馬が優勝、アロゲートがチャンピオンズC参戦などという事件の発生を期待するのも、ご都合主義が過ぎる。

GⅠを勝っていない馬がどうやってそのタイトルを得るのか。
春だってそういう馬は沢山いたのだ。
日高の馬も社台の良血馬も関係なく、みんな泥を浴びながらガッツを見せてもぎとっていった。

その可能性がある馬は…。
芝路線は見えない部分が最近特に多い。
実績は重要ではないというケースがまま見られるし、第一、主役はずっと牽引するということは、元々突き抜けた存在は少ない短距離路線にそういう存在が現れると途端に流れが変わるという傾向にある。

ビッグアーサーに期待して大失敗から1年。
ソルヴェイグ以上の力があれば、その上にいた牡馬はあくまで次点評価の馬で、自力勝負向きのタイプではないから逆転可能も、案外だったセントウルSのフィドゥーシアを見てしまったから、今年もキレる牡馬かもしれない。
ラインミーティアですかね?

3歳世代ではソウルスターリングとは未対戦のファンディーナやラビットランが、台風を吹っ飛ばした力を今後どう発揮するかが見物。牡馬はいない。(笑)

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方